Diary#04 2017年この一曲(一枚) part 3

ちょっと更新が滞っていましたが、今回もぼちぼちやっていきます。
前回→Diary#03 2017年2月の5枚
(発売日に合わせてるわけでもないので、今回から記事タイトルを変えました)

まずは最近のブログ更新について。
・新譜リリースにあわせてJAMCの記事を書き直しました。長いので「関連作」の項はどこかで別記事に移す予定。
時代に煙をふかしたロックバンド「The Jesus and Mary Chain」の話
同じく、新譜『Damage & Joy』について更新。ただこの記事、「オルタナティヴ・ロック」って言葉につっこんだ結果かなり冗長かつ着地点を見失ったので、今度書き直します……。
The Jesus and Mary Chain / Damage and Joy(2017) 感想 -オルタナってカントリー




それでは今月分のセレクトと感想を。
IMG_4421-min.jpg
FKJ/ French Kiwi Juice
・Geotic / Abysma
Sorority Noise/ You're Not As __ As You Think  
・Slowcoaches / Nothing Gives 
・Grandaddy / Last Place

…続きを読む

     

The Jesus and Mary Chain / Damage and Joy(2017) 感想 -オルタナってカントリー


この、デザイン決めた後にバンド名なんとか詰め込んだ感がね。
ライナーノーツ(対訳なし)はご祝儀的に「彼らは帰還したと同時に再びシーンの最前線に踊り出そうとしていることがひしひしと伝わってきた」と書いてるけど、いやいや……。

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
1. Amputation  3:24
2. War on Peace  4:34
3. All Things Pass  4:34
4. Always Sad  2:52
5. Songs for a Secret  3:21 (Sister Vanillaへのジム提供曲再演)
6. The Two of Us  4:12
7. Los Feliz (Blues and Greens)  4:54
8. Mood Rider  4:04
9. Presidici (Et Chapaquiditch)  3:36
10. Get on Home  3:31
11. Facing Up to the Facts  3:05
12. Simian Split  4:14
13. Black and Blues  3:23
14. Can't Stop the Rock  3:19 (Sister Vanillaへのウィリアム提供曲再演)

Total length  53:01

「オルタナティヴ・ロック」って新手のカントリー
SPOONの新作に対するele-kingの評の中に、彼らの試みを称賛し、その他とを比較するものとしてこんな一文があった。

純粋に音の冒険を楽しむのが目的なら現在ロックはもはや限りなく下位にある「ジャンル」
Spoon - Hot Thoughts | ele-king

…続きを読む

     

タグ: 17年 50分台

Diary#03 2017年2月の5枚

前月→Diary#02  2017年1月 お気に入り曲
今月はあまり漁れなかった……そのぶん3月にたまっています。ストリーミングに慣れてきたところで、Soundcloud、Bandcampも活用できるようになりたいな、と。


それでは今月分のセレクトと感想を。
(発売日でなく自分が聴いた時期なのであしからず。ジャケ画像は張るのが楽なのでAmazonのもの。曲リンクは動画が見つからなかったら収録アルバムのリード曲他です。)



201702_Music-min.jpg
https://itunes.apple.com/jp/playlist/2017-02/idpl.ba9fb0ed15b449f6b857c1607c4130cf

◆2月のフェイバリットトラック(大凡)
Clap! Clap! / Ode to the Pleiades
・KREVA / 神の領域
・Homeshake / Every Single Thing
・Little Barrie / Love or Love
Foxygen / America



…続きを読む

     

コード進行で名曲を紐解く:ブルース進行と革命児Princeの「kiss」

音楽を聴くうえで特別意識することもないですが、誰の耳も無意識に認識し、その楽曲の印象を決定づけているもの。それが「コード進行」です。今回はその中でも「ブルース進行」、そして故Princeが残したストレンジすぎる全米No.1ヒット曲「Kiss」を取り上げたいと思います。(もしまだこの曲を聴いたことない方がいたら、記事を読み進める前にぜひ一度聴いてみてください。これが首位を獲得したことに戸惑い、いろいろと笑ってしまうはず……)

コード進行についての説明から始めるので、すでに知っている方はその項を適宜とばしていただければ。

1.そもそも「コード進行」って何だ
2.古から伝わるポップスの起源「ブルース進行」
3.時代に使い古されるコード進行、形式
4.革命児Princeが創った異形のブルース進行曲「Kiss」


…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter