Damien rice / My favorite faded fantasy (2014) 全曲感想

ダミアンライスの傑作新譜を、対訳を吟味しつつ全曲見ていきます。

1. "My Favourite Faded Fantasy" 6:12
表題曲で、リード曲。アルバムはいかにも寂しげなイントロで静かに幕を開ける。歌いあげられるのはラブソングだが、主人公は「愛してるぜマジハッピー」みたいな能天気な心持ちでは全くない。今までにない新しい感情に襲われ、ひどく不安定な状態で、「もし君といれたら、一体どうなってしまうんだろう」と戸惑いながらも、躁鬱的な伴奏に導かれ、激情の中「君を愛している」と切実に歌い上げていく。この曲で自分はこのアルバムは良いかもな、と購入を決めた。見事あたりだった。スパンと断ち切る終わりまでスキのない名曲

2. "It Takes a Lot to Know a Man" 9:33
すれ違いや、分かりあうことの難しさについての歌だろうか。途中の、語りかけるボーカルが多重録音で重なっていくところが聴き所。そこで他者への問いかけを繰り返したあと、5分以降はピアノとストリングスが4分半にわたってオーケストラのような展開を見せていく。ここも映画のエンドロールのようで美しい。非常に物哀しい曲調だが、かといって絶望しているわけでもなく、複雑な感情を見事にとらえていると思う。

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

Damien rice / My favourite faded fantasy (2014) レビュー


マイ・フェイヴァリット・フェイデッド・ファンタジーマイ・フェイヴァリット・フェイデッド・ファンタジー
(2014/12/10)
ダミアン・ライス

Nice Jacket
良いアートワークです。紙ジャケの質感もまた良くマッチしています。

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

1. My Favourite Faded Fantasy  6:12
2. It Takes a Lot to Know a Man   9:33
3. The Greatest Bastard   5:04
4. I Don't Want to Change You  5:26
5. Colour Me In  5:18
6. The Box  4:27
7. Trusty and True  8:09
8. Long Long Way   6:21

Total Length 49:50

総評・★★★★★
空白を歌い切り新しい一歩を踏み出した復活作 その表現力に唸る

レーベルはワーナー、ダミアン・ライス、8年ぶり3枚目のフルアルバム。詳細はビルボードの記事をどうぞ。自分はダミアンライスに特に思い入れがなかった。1枚目をサラッと聴いて「フーン」、ライブ映像を見て「生だとすごいな」これ位の印象だった。しかし今作、コレは最高傑作だと思った。

…続きを読む

     

タグ: 14年 40分台 傑作

Craft spells / Nausea (2014) 感想 ~休日まどろんだ時はコレ

最近は本当アーティストのレベルが高いですね。ちょっと漁るだけでも素晴らしいのがボコボコでてきて逆に複雑です(←)。今作も自分は全く知らないバンドだったのですが、一発で気に入ってしまいました。


ノージア (NAUSEA)(日本先行発売/直輸入盤帯ライナー付国内仕様)ノージア (NAUSEA)(日本先行発売/直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
(2014/05/31)
クラフト・スペルズ、CRAFT SPELLS 他

素敵なジャケだが、国内盤の帯に表題の直訳「吐き気」表記は要らなかった…。吐き気て!

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
01. Nausea
02. Komorebi
03. Changing Faces
04. Instrumental
05. Dwindle
06. Twirl
07. Laughing for My Life
08. First snow
09. If I could
10. Breaking the Angle Against the Tide
11. Still Fields (October 10, 1987)

収録時間 40:14

総評・★★★★
お昼時に聴きたい 眩い夢心地ポップス

Craft SpellsはUSインディの注目レーベルCaptured Tracks所属の若手バンド(前回取り上げたMac DeMarcoさんと同じですね)。11年に1stをリリースし、今作が2ndとなります。まずはこの音楽に着せられた形容たちを紹介しましょう。「ドリームポップ」「ネオアコ」「メランコリック」「インディポップ/ロック」「ノスタルジック」…はい。中々多種多様な感じです。自分としてはドリームポップに影響を受けたポップミュージックが一番しっくりきます。解説ではFelt、Wild NothingやReal Estateが引き合いに出されており、そこらへんに引っかかる方も要チェック、ですね。

…続きを読む

     

タグ: 14年 40分台 秀作

Mac Demarco / Salad days (2014) 感想 ~ダメな休日にこの上なく合ってしまう

曲者なのか単にアホなのか掴めないヘンテコな、しかし実力派な若手の一枚を。音楽的には全然違うものの、PAVEMENT大好きな人に聞いてみてほしい感。

Salad DaysSalad Days
(2014/04/01)
Mac Demarco
商品詳細を見る

暗いせいもあって、パッと見イケメンシンガーソングライターに見える…幻術だが。

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
01. Salad Days 2:25
02. Blue Boy 2:06
03. Brother 3:32
04. Let Her Go 3:02
05. Goodbye Weekend 2:59
06. Let My Baby Stay 4:08
07. Passing Out Pieces 2:47
08. Treat Her Better 3:49
09. Chamber of Reflection 3:51
10. Go Easy 3:24
11. Jonny's Odyssey 2:39

Total length : 34:41

総評・★★★★☆
休日に。酔いどれダラけた現代のホームメードインディ製60.70s(サイケ目)

Captured Tracks所属。1990年生まれ、カナダのSSWマック・デマルコ2枚目のフルアルバムです。デビュー作「2」から既に高評価を得てましたが、今作では評価そのままに各国で初のチャートインを記録…と、超地味に成り上がり中の期待の若者です。自分は今作が初聴きになります。割と衝撃うけました
 

…続きを読む

     

タグ: 14年 30分台 佳作

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter