R.E.M. / Document (1987) 感想


DocumentDocument
(1998/01/27)
R.E.M.

商品詳細を見る
安うぇぇ。それはもうとにかくとして、このジャケットは結構好きだ。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
01. Finest Worksong – 3:48
02. Welcome to the Occupation – 2:46
03. Exhuming McCarthy – 3:19
04. Disturbance at the Heron House – 3:32
05. Strange (Wireのカバー) – 2:31
06. It's the End of the World as We Know It (And I Feel Fine) – 4:05

07. The One I Love – 3:17
08. Fireplace – 3:22
09. Lightnin' Hopkins – 3:20
10. King of Birds – 4:09
11. Oddfellows Local 151 – 5:21

Total length : 39:51

総評・★★★☆
そのサウンドはついにインディーを超えて鳴り出す
今作はR.E.M.のブレイク作であり、破竹の快進撃の初手となった重要な作品です。アルバムは、ついにベスト10入りを果たしただけでなくプラチナディスク(100万枚売上)を獲得。シングルカットされた「The One I love」もトップ10にチャートイン、ツアーも二ヶ月で25万人動員とすでに超インディ級だった彼らは「より多くの人に作品を届けたい」と今作をもってIRSを離れ、メジャーのワーナーブラザーズと契約を結び新たな一歩を踏み出すのでした。「ベストアメリカンロックンロールバンド」と言われだしたのもこの頃からです。にしても、ファーストから追っていくと、この何の作為もない着実なブレイクスルーというのは本当に(スターダムまでは目指さなくなったパンク以降の)ロックバンドにとってイデア的なキャリアの積み方に思います。その点に関してはIRS時代のR.E.M.が究極な気さえします。
 

…続きを読む

     

R.E.M. 玉手箱リリース時あたりでのフルライブパフォーマンス


初期R.E.M.の魅力と勢いの詰まった素晴らしいライブ映像があったので載せます。最初は微妙な反応だった観客が徐々にノってきて、最後は歓声に包まれるという様は見てても楽しいです。一曲目こそ変化球ですが、何だったら二曲目のハーバーコートからでも。

似たような曲連発しながらそのテンションを上げていくというのはミッシェルに対するライブ評ですが、このライブもそれは同じで、要は良いバンドが自分たちのやりたい音楽を矢継ぎ早に披露していくことでお客さんも演奏側もテンションが自然発生していくんでしょうね。気持ちのいいライブです。メジャー以降しか知らない人は是非このライブを一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

Hyena」では奇怪に裏声を飛ばすマイケルが印象的ですし、CDでは正直いまひとつな「Can't Get There From Here」がライブ向きだったりするのが面白い。とにかく全てにおいてバンド演奏がキチンとしてるんですよね。そしてスミスのモリッシーと一緒でクネクネしてて目を離せないマイケルの挙動も注目。こうしたパフォーマンスをしてた彼らが1000万枚売るようになるんだから感動的だぁ。

詳細は全て動画投稿者の方が丁寧に書かれています。ここまでしっかり記載している投稿者の方には頭が下がる思いです。      

R.E.M. / Lifes Rich Pageant (1986) 感想


Lifes Rich PageantLifes Rich Pageant
(1998/01/27)
R.E.M.

商品詳細を見る
今作のジャケは中々好き。嫌みのないオシャレな感じで味がある。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Begin the Begin – 3:28
02. These Days – 3:24
03. Fall on Me – 2:50
04. Cuyahoga – 4:19
05. Hyena – 2:50
06. Underneath the Bunker – 1:25

07. The Flowers of Guatemala – 3:55
08. I Believe – 3:49
09. What If We Give It Away? – 3:33
10. Just a Touch – 3:00
11. Swan Swan H – 2:42
12. Superman (Mitchell Bottler and Gary Zekley) – 2:52

Total length : 38:23

総評・★★★★★
圧倒的なテンションで駆け抜ける、力強く自信に満ちた一作
着々とその音楽性の評価と人気、そして売り上げを上昇させてきたr.e.m.の一つ転換作となったのが今作、ライフス・リッチ・ページェント。どちらかと言えば内向的だった前作の反動もあったのか、一曲目から今までなかった程パワフルなバンドサウンドが堂々と鳴らされるので驚きます。ツアーの成功もあり、今作でついに初めてのゴールドディスクを獲得した(後に過去3作も受賞)r.e.m.。地道ながら加速度的に広がっていったその人気は、次作で一つの到達点を迎える事となります。

…続きを読む

     

R.E.M. / Fables of the Reconstruction (1985) 感想


フェイブルズ・オブ・リコンストラクション(玉手箱)フェイブルズ・オブ・リコンストラクション(玉手箱)
(1998/09/23)
R.E.M.

商品詳細を見る
また微妙なジャケ。なんでこう絶妙に自分の「これ良いね」センスをすり抜けて行くのか

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Feeling Gravitys Pull – 4:51
02. Maps and Legends – 3:10
03. Driver 8 – 3:23
04. Life and How to Live It – 4:06
05. Old Man Kensey – 4:08

06. Cant Get There from Here – 3:39
07. Green Grow the Rushes – 3:46
08. Kohoutek – 3:18
09. Auctioneer (Another Engine) – 2:44
10. Good Advices – 3:30
11. Wendell Gee – 3:01

Total length : 39:44

総評・★★★☆
産みの苦しみを味わったR.E.M.、試行錯誤と迷いが垣間見える作風

デビューアルバムが大絶賛、続くセカンドも高評価と共にトップ30入りと順風満帆に見えたR.E.M.が初めてプロとしてバンド活動をやっていく苦しみを味わったのが今作Fables of the Reconstruction、邦題「玉手箱」です。タイトなツアースケジュール、異国でのレコーディングというのは中々苦心のものだったそうで…本人たちにとっても苦い思い出が蘇ってくるアルバムとなったのですが、多少賛否はあれどファンの支持は揺るがず、ジャンプアップとはならずも今作も売上を伸ばしトップ30入りと、難産とはいえしっかりとした作品を作り上げたのではないかと思います。

…続きを読む

     

タグ: 80s 30分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter