Radiohead / A MOON SHAPED POOL(2016) 感想- この2016年にHTTT2に至らなかったのは


なんて冴えたアートワーク。歌詞の掲載はアーティストが拒否した模様で、国内盤は対訳つき・SHM-CDという仕様。ライナーノーツが入っていないのは残念だけど(実際、なんでだ?)、レディオヘッドまでいくと無い方がいいのかもしれない。

太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Burn the Witch – 3:40
02. Daydreaming – 6:24
03. Decks Dark – 4:41
04. Desert Island Disk – 3:44
05. Ful Stop – 6:07
06. Glass Eyes – 2:52
07. Identikit – 4:26
08. The Numbers – 5:45
09. Present Tense – 5:06
10. Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief – 5:03
11. True Love Waits – 4:43

Total length : 52:31

『The King of Limbs』から3年、レディオヘッドが通算9作目となる『A MOON SHAPED POOL』(以下AMSP)をリリースした。5月上旬に突然のデジタルリリース、下旬にはツアー開始、6月にフィジカルリリース……とバンドは着々と活動を進めており、既に多くの批評・感想もあがっているが、サマーソニック2016での待望の来日公演前に、自分もザッと今作について考えておきたい。今回は前段として、音楽性の前に作品の外側というか、立ち位置みたいなものについて書こうと思う
 
 

…続きを読む

     

タグ: 16年 50分台 傑作

Atoms for peace / AMOK (2013) 感想


アモックアモック
(2013/02/20)
アトムス・フォー・ピース

商品詳細を見る
滅茶苦茶イキの良いカバーでバネみたいになってたから、もうCD何個も乗っけて全力で押しつぶしたよね。 

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Before Your Very Eyes...  5:47
02. Default  5:15
03. Ingenue  4:30
04. Dropped  4:57
05. Unless  4:40
06. Stuck Together Pieces  5:28
07. Judge, Jury and Executioner  3:28
08. Reverse Running  5:06
09. Amok  5:24

Total length : 44:35

総評・★★★☆
作りこまれた室内楽、音をスタジオで録音するという事
ただでさえ一挙一足が話題になるレディオヘッドのトム・ヨーク(44)に、その盟友ナイジェルゴドリッチ(42)、RHCPのベーシストとして知られるフリー(50)、そこに名うてのドラムとキーボードを加えて出来た、いわゆるスーパーバンド「アトムス・フォー・ピース」(以下AFP)。諸々はwikiで見てもらうとして、とにかくリリース前から色々話題たっぷりな一枚となっている。

大勢の期待を軽やかにスルーする、やたら落ち着いたその中身
このバンドは元々トムがソロアルバムの曲をライブ演奏するために生まれたワケだが、その演奏には異次元レベルのカッコ良さがあった。あまり好きな言葉じゃないが「これが新しい音楽か…!」みたいに一人勝手に唸るほど凄まじかった。(参考までにこれ途中からぶっ飛ぶ)。だからこそ、今作は異次元的な内容にワクワクしながら購入したわけだ。期待値は高かったし、多くのファンもそうだったと思う。だが、今作で鳴っていたのはトムとナイジェルの落ち着いた宅録的室内楽で、そこにまず肩透かし感は否めなかった。「え、折角これだけのメンツをそろえたのにこうまとめちゃうの?」という感じ。話をつなげると、この感覚はレディオヘッドの最新作「king of limbs」のアルバムと、そのライブver見た時と同じものである。

そもそもライブの感覚をアルバムに持ち込もうとはしていない
いつから明確に意識し出したのか(というか本当にそうなのか)はわからないが、トムは明らかに「ライブ」と「アルバム」で演奏…というか鳴らす音を変えている。ファンが「ライブアルバム出せ」、「ライブverを収録しろ」というのも最早恒例行事だ。自分も同意見なのだが、きっとトムは「ライブのあの感覚をいかに録音するか」ということに今興味はないのだろう。今作でも鳴らされているのは単純な解放感や躍動感ではない。トムは今、もっと閉じた所で音楽を練り上げている。こう書くと何か悪口みたいだが、そういう音楽もまた素晴らしいものなのは言うまでもない事だ。 
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台 まとまり

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter