今週の一曲① Blankey Jet City / 不良の森

特に長さを意識しないで、脈略ゼロに自分が好きな曲について書きなぐるこの企画。今回は、取り上げた楽曲が既知のファンに向けて書きます。記念すべき一曲目は、ブランキージェットシティで、不良の森(なんてタイトルだ…)。バンドのキャリア後期、「最高のアルバムができたので解散します」こと最終作「HARLEM JETS」に収録された一曲です。大好きな曲だけに気合いれて書いたので文の熱量が少しアレですが。どうぞ。

Blankey Jet City / 不良の森  11:14 (2000)

…続きを読む

     

タグ: 一曲じっくり感想

Blankey Jet City / HARLEM JETS (2000) 感想


HARLEM JETSHARLEM JETS
(2000/05/10)
BLANKEY JET CITY

商品詳細を見る

ベンジーデザイン。よく歌詞カードを取り出し眺める自分にとって本形式の歌詞はちょっと辛い。これもいちえ

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. SEA SIDE JET CITY
02. CAMARO
03. ADVENTURE OF GOOFY
04. PANTERA
05. SALINGER
06. 不良の森
07. SWEET DAYS
08. 動物実験撲滅ソング
09. DERRINGER
10. リス(STRIPヴァージョン)
11. COME ON(ヴァージョン1)

アルバム全曲一言感想へ飛ぶ
Total length : 53:19

総評・★★★★
何も考えず、ただひたすら体力の限り暴れ回った最終作
解散危機や各々のソロ活動を経て辿り着いた最終作、「ハーレムジェッツ」。今作のリリースとともに、「最高のアルバムが出来たので俺達は解散します」という声明を出し伝説のバンドは解散した。

「ブランキー」としてこの作品はどうなのか
コレは、評価の難しい作品である。Amazonの方でも言われているが、やはりBlankey Jet Cityというバンドが持つ、あの特有の世界観を考慮すると★3つ位の評価となってしまうだろう。個人的にも従来(というか初期)の世界観を保てているのは06. 10くらいで、後は思いついた曲をただ力任せに放り投げただけに見える。演奏を聴いていても、今まで通りというか「コイツらがやればこれくらい出るよな」といった感覚を覚えるし、更に浅井の手がけたギター、歌詞はともに勢い一発的なものがあまりに多すぎるのも気にかかる。
 

…続きを読む

     

タグ: 50分台 秀作 ラスト・アルバム まとまり

Blankey Jet City / HARLEM JETS 全曲一言感想

01. SEA SIDE JET CITY
普通のロックンロール的に7thを鳴らしてるだけなのに、なぜか異常なまでのテンションを感じさせる、イントロからかっ飛ばしてくドライブチューン。このアルバムは全体的に浅井が相当適当即興的にギターを鳴らしてるが、この曲でも、合間合間にそれがよく出ている。特筆なのはサビのコード進行。 D7 Dm7 C#m7 C#7とか何事…。「愛しているとかいないとか どうでもいいぜそんな事柄」は、大量生産系のラブソングにぜひくらわしてやりたい一言。

02. CAMARO
全編とおして不協和音上等の、かなりのごり押しロック。しょっぱなのフィルインからギターが暴走している。間奏では、音も含めてもう…だがそれがカッコいいのだ。中盤でタンバリンが入るのだが、ここまでカッコよく響いてるタンバリンを自分は知らない。
余談だが、この記事打つまでずっと「C A M E R O」だと思ってた。まさかカマロだとは…。

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter