The National / Trouble will find me (2013) 感想


トラブル・ウィル・ファインド・ミートラブル・ウィル・ファインド・ミー
(2013/05/22)
ザ・ナショナル

商品詳細を見る
アーティスティックなジャケ。紙ジャケを開いたその先のアートワークがまた良いんですよ。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. I Should Live in Salt  4:08
02. Demons  3:32
03. Don't Swallow the Cap   4:46
04. Fireproof   2:58
05. Sea of Love   3:41
06. Heavenfaced   4:23
07. This Is the Last Time  4:43
08. Graceless   4:35
09. Slipped   4:25
10. I Need My Girl   4:05
11. Humiliation   5:01
12. Pink Rabbits   4:36
13. Hard to Find   4:13

Total Length 55:06

総評・★★★★☆
停滞ではない、決意と覚悟の滲む不動の安定感
前作でついにブレイクを果たしたナショナルが、ちょうど前作から3年の年月を経て完成させたのが今作「Trouble will find me」。期待されていたビルボード首位には届かなかったものの、全英米で3位に入り込み、各国でも大体順位を上げるなど、3年のブランクにも、バンドにかかる信頼と期待は揺るがなかった事がうかがえる。そして今作は、そんなファンの期待に正しく真正面から答えた、とても実直で頼もしい作品となった。

…続きを読む

     

タグ: 13年 50分台 佳作

The National / High Violet (2010)


High VioletHigh Violet
(2010/05/11)
National

商品詳細を見る
とても好きなジャケの感じ。紙の質感とまた良く合いますなぁ。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Terrible Love 4:39
02. Sorrow 3:25
03. Anyone's Ghost 2:54
04. Little Faith 4:36
05. Afraid of Everyone 4:19
06. Bloodbuzz Ohio 4:36
07. Lemonworld 3:23
08. Runaway 5:33
09. Conversation 16 4:18
10. England 5:40
11. Vanderlyle Crybaby Geeks 4:12

Total Length 47:40

総評・★★★★★
とにかくため息の出るような神聖・荘厳なアルバム

前作で一気に人気を高めた彼らが、全米3位前衛5位と一気にブレイクしたのが今作。尊敬する偉大な先輩バンドR.E.M.から「オイ、もっとポップになれよ」といわれ、「前作の焼き増しはしない」とのポリシーのもと制作された。という事で表面的にはかなり地味だった前作と違い、今作はキャッチーなのかというと全然そんな事ない。印象としては地味なまんまだ。ここはポップという言葉の解釈の問題なんだろう。

…続きを読む

     

The National / Boxer (2007) 感想


BoxerBoxer
(2007/06/27)
National

商品詳細を見る
シックで落ち着きを払った印象を受ける、素晴らしいジャケ。気品もあります。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Fake Empire 3:25
02. Mistaken for Strangers 3:30
03. Brainy 3:18
04. Squalor Victoria 2:59
05. Green Gloves 3:39
06. Slow Show 4:08
07. Apartment Story 3:32
08. Start a War 3:16
09. Guest Room 3:18
10. Racing Like a Pro 3:23
11. Ada 4:03
12. Gospel 4:29

Total Length 43:07

総評・★★★★★
芯からの温度を感じる、ひたすらに真摯な音楽

ロングセラーとなり、次作の商業的ブレイクのキッカケとなったアメリカインディーシーンの雄ナショナルの4作目。自分はこのバンドの作品について今作以降しか知らないが、これはとても良いアルバムだと思う。イギリスからは絶対出てこないであろう(非難ではない)懐の広い、とてもエモーショナルな音楽だ。

…続きを読む

     

タグ: 00s 40分台 傑作

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter