CAN / Soundtracks (1970) 感想


SoundtracksSoundtracks
(2009/11/23)
Can

商品詳細を見る
ん、まぁこんな感じかなというジャケ。特には…。裏側のアーティスト写真好き。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
1. Deadlock  3:27
2. Tango Whiskyman  4:04
3. Deadlock (Titelmusik)  1:40
4. Don't Turn the Light On, Leave Me Alone  3:42
5. Soul Desert  3:48
6. Mother Sky  14:31
7. She Brings the Rain  4:04

Total length : 35:08

総評・★★★★
統一感のなさが面白い、CANのいろんな顔をのぞけるアルバム

タイトル通り、自身のてがけた映画音楽をまとめて一つの作品にしたのが今作サウンドトラックス。前作でボーカルを務めたムーニーは今作で脱退、ヒッピーやってたダモ鈴木が今作から参加となるのですが、今作には二人のボーカルが2:4の比率で共存しています。ボーカルが統一されていない、サントラということでか曲それぞれが独立しているなどで編集盤の要素が強いアルバムですが、そのバラバラ感が良い味だと思います。
 

…続きを読む

     

タグ: 70s 30分台

CAN / Monster Miovie (1968) 感想


Monster MovieMonster Movie
(2008/04/15)
Can

商品詳細を見る
センス良いのか悪いのか微妙な所のジャケ。好きです。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Father Cannot Yell 7:06
02. Mary, Mary So Contrary 6:21
03. Outside My Door 4:11
04. Yoo Doo Right 20:27 

Total length 38:05

総評・★★★★★
音楽のオーパーツ、原始的な快楽性を秘めた狂気のプロダクション

60年代後半に結成されたCANは別に大ヒット曲を持つわけではありませんが、洋楽ロックを聞いていけば必ずぶち当たるバンドだと思います。というのも、音楽評論家なら「CANっぽい~」、ミュージシャンなら「CANを意識した~」みたいな発言をとにかく至る所で見かけるからです。ロックはもとより、エレクトロニカ作品のライナーノーツにまで姿を現すので、名前の登場頻度はベルベッツと並んでトップクラスといっていいでしょう。CANはそれだけ多くのミュージシャンに影響を与えた、ポピュラー音楽史にとって重要なバンドなのです。

…続きを読む

     

タグ: 60s 30分台 傑作 デビュー・アルバム

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter