アート・リンゼイはノーウェーブ/ジャズ/ブラジル/オルタナを渡り歩き続ける オススメアルバム

ニューヨーク出身ブラジル育ち。「ノー・ウェーブ」と「ニュー・ウェーブ」の両方に属した稀有な人物。また、パンク・カルチャーを受けて古典的なジャズ界にカウンターをうった「フェイク・ジャズ」に関わり、ソロ・ワークスでは「ブラジル音楽(MPB)」に対して、自身が通過してきたアバンギャルド、ジャズに加えて「打ち込み」「エレクトロニカ」「グリッチノイズ」といった要素を取り込むことで、時代の一端に共振しながら現在もオルタナティブな可能性を広げ続けている

アート・リンゼイです。今回は2017年に発表された『Cuidado Madame』によせて……「名前は聞いたことあるけど」という方には紹介に、「以前聴いていたけど」という方には、2017年現在もキャリア・ベストを更新している彼の新譜を手に取るキッカケになればと思い、改めて記事を更新します。
35-artohand_bw_by_noemi_elias_large.jpg
http://www.righteousbabe.com/pages/arto-lindsay


<目次>
No Wave: DNA (1978)
New Wave: Ambitious Lovers (1988)
Fake Jazz: Lounge Lizards (1981)
Alternative MPB: ソロ・ワークス (1996~)
現在 傑作『Cuidado Madame』 (2017)

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

Arto Lindsay / Cuidado Madame (2017) 感想  ノーウェーブ、ブラジル音楽の証人が立ち会わせた2017年


タイトルはブラジルのニューシネマ映画から、アートワークはタイの現代美術家からとのこと。国内盤のライナーノーツは人名、単語の解説が参考になりました。

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Grain By Grain
02. Each To Each
03. Ilha Dos Prazeres
04. Tangles
05. Deck
06. Vao Queimar Ou Botando Pra Dancar
07. Seu Pai
08. Arto Vs Arto
09. Uncrossed
10. Unpair
11. Pele De Perto
12. Nobody Standing In That Door (Bonus Track)

Total length : 42:11


…続きを読む

     

タグ: 17年 傑作 40分台

American Football / american football (Ⅱ) 感想 ~17年ぶりのリリースに寄せて


リアルタイムでこんな瞬間に巡り合うとは思ってなかった。あの家の中へはいれるなんて……。

太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Where Are We Now? – 4:44
02. My Instincts Are the Enemy – 4:49
03. Home Is Where the Haunt Is – 3:26
04. Born to Lose – 4:54
05. I've Been So Lost for So Long – 4:36
06. Give Me the Gun – 3:24
07. I Need a Drink (Or Two or Three) – 4:58
08. Desire Gets in the Way – 3:28
09. Everyone Is Dressed Up – 3:39

Total length : 37:58
<国内盤ボーナストラック>
10. letters & packages (live in Tokyo)
11. you know i should be leaving soon(live in Tokyo) 


アメリカン・フットボール。1999年にファーストアルバムを発売しただけで、2000年代のエモ、マス・ポストロックに多大な影響を与えた、界隈のレジェンド・バンド。17年ぶりだっていうのに初っ端から過去を持ちだすのもあれだけど、やっぱりまずはこの一曲で始めたい。「Never Meant」。

…続きを読む

     

タグ: 16年 40分台 80点台 深夜

80sインディから90sオルタナへの橋渡し「Dinosaur Jr.」  そしてその今

(2013年初出、2016/10/23全編書き直し)

Dinosaur+Jr+dinosaurjr.jpg 
Dinosaur Jr.は、「轟音」と称されたノイズ(ファズ)ギターとバンドサウンドに、気怠げポップなメロディをのせるという歪な魅力をもったスリーピースバンドだ。彼らは80年代初頭のハードコア、メタル、パンクなどに端を発しながら、90年代のグランジ、オルタナ、ニヒリズムの隆盛を代表する存在でもあり、83~97年、そして2005年から今も活動を続ける大ベテランでもある。長いキャリアの中でも、特にNirvanaの「Nevermind」旋風とともに語られる代表作「グリーンマインド」は有名である。でも、それこそニルヴァーナがそうであるように、ダイナソーも「GREEN MINDだけのバンドではない」じゃないのだ。初期から再結成後、現在に至るまで……一貫してエレキギターとベースとドラム、つまりバンドサウンドの魅力に打ちのめさせてくれるバンド。そんな衰え知らずの恐竜について、また少し違う入口からじっくりと見ていこう。
この名ジャケだけではないのだ

<目次>
オススメ曲
History Dinosaur. Jrとは
入門アルバムと全AL紹介
バンドの位置づけ、関連バンドなど


主要メンバー(J以外の二人は脱退していた時期も。詳細はwikiや後の全AL紹介記事を参照) 
J・マスシス(ボーカル、ギター、時々ドラム)
ルー・バーロウ(ベース) 
マーフ(ドラム)

まずは何よりこの一曲
3rd収録。インディ、カレッジロックの名曲。
 

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter