Boards of Canada / Tomorrow's Harvest (2013) 感想


TOMORROW’S HARVEST [帯解説・豪華デジパック仕様 / 国内盤] 初回生産限定特典封入 / Amazon限定特典ステッカー付 (BRC382)TOMORROW’S HARVEST [帯解説・豪華デジパック仕様 / 国内盤] 初回生産限定特典封入 / Amazon限定特典ステッカー付 (BRC382)
(2013/06/05)
BOARDS OF CANADA、ボーズ・オブ・カナダ 他

商品詳細を見る
特典ステッカーとかね、タワレコ限定ポスターとかね、使い道良く分からんので困ります。でもジャケは素晴らしいし色々入ってるわ小野島さんのライナーも良いわで、モノ買う楽しさは十分満たしてくれました。やっぱCD媒体好きだ。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Gemini  2:56
02. Reach for the Dead   4:47
03. White Cyclosa   3:13
04. Jacquard Causeway   6:35
05. Telepath   1:32
06. Cold Earth   3:42
07. Transmisiones Ferox  2:18
08. Sick Times  4:16
09. Collapse  2:49
10. Palace Posy  4:05
11. Split Your Infinities  4:28
12. Uritual  1:59
13. Nothing is Real  3:52
14. Sundown  2:16
15. New Seeds  5:39
16. Come to Dust  4:07
17. Semena Mertvykh  3:30

Total length : 62:07

総評・★★★★
漠然を漠然のまま描写する、言葉に出来ないサウンドマジック
BOCの音楽は言葉にできないという評をよく見るが、全く同意である。何故なら彼らの音楽はとても抽象的で、言葉に出来る取っ掛かりがない…まさしく掴み所の無い音楽だからだ。なんとなく記憶の何処かにはあるような、でもそれがなんなのかは分からないような。そんな「漠然」をBOCは音で鳴らしてくる。そのひたすら不思議なサウンドスケープは、8年の時を経た今作も健在。フレーズ要素が薄まったことで更に背景色が増し、その音風景は、本当に眺める(あるいは入り込む)ことしか出来ないものとなった。捉え様にも雰囲気以外はなく、掴もうにも実体のないその音像は、音の海にただ潜る感覚がある。ここが耐え難いという人も多いと思う。好みの別れる所だろうが、個人的にはこれでも全然ありだ。

…続きを読む

     

タグ: 13年 60分台 秀作 スリーピング

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter