風来のシレン2 最果てへの道クリアに寄せて~最終回を見た後のようなあの感覚~


不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!
(2000/09/27)
NINTENDO 64

商品詳細を見る

風来のシレン2というゲームがあります。結構知名度もあり、実際名作だと思う作品です。不思議のダンジョン系と分類されるゲームで、自分は中学生の時友達からもらったこのゲームに魅力され結構やりこんだのですが、当時どんなに頑張ってもクリア出来なかったステージがありました。それが「最果てへの道」です。その時は結局諦めたのですが、大学受験が終わったあと「家にあるゲームをちゃんとクリアしよう」と思いたち、久々に起動、どうせならと最初からを選んでプレイを始めたわけです。

改めてプレイする風来のシレンはやはりクソゲーでした。
・ほんのちょっとの油断で、何時間も積み上げて強化した武器が失われる
・どうあがいても切り抜けられない状況に、運の要素で放り込まれる
・オートセーブだからリセット不可
・一つの探索を終えれば毎回レベル1に戻る(探索を無事終えるとアイテムは残る)。
特にヤバいのは運の要素とリセット不可の所。これはポケモンで例えるなら、レベル5から42位まで地道に育てていたポケモンが突如手持ちからいなくなり、それと同時にレポートを書きましたとか言われるようなもの。いかに理不尽なクソゲーなのかよく分かると思います。で、パワプロのサクセスとかと一緒でクソゲーが故に繰り返しプレイしちゃうんですね。理不尽だからこそ、そこに経験と実力、そして運すら絡めて勝ちたくなるというか。まぁとにかく、死んでも死んでも何度もやり直しちゃう魅力がこの作品にはあるわけです。

ストーリーとしては一回のダンジョン探索を繰り返して材料を集め、城を作っていくのが目的なのですが、作っていく内に色んなイベントが起き、街の人たちの話ぶりが変わっていくのがまた楽しいんですね。うどんを頼んでるのにいつまでも料理がこなくて、話が進むたびに違う嘆き節をいうデブ(コイツが今回の話の肝です)とか。出来かけの城にたいして随時コメントを出す人とか。まぁそんな些細な変化も楽しみつつ、探索しながら装備を鍛え、時にその装備を失い、また探索しを繰り返しながらゲームを進めていくのです。 

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter