the band apart ~音楽性から見る関連バンドと、テクニカルフレーズの宝庫「マスロック」

the band apartの新譜が発売されました。荒井さんのソロ作など経てのバンアパ通算7作目、日本語フルアルバムとしては二作目です。

謎のオープンワールド※特殊ブック仕様謎のオープンワールド※特殊ブック仕様
(2015/01/21)
the band apart

特殊ブック仕様=歌詞カードが絵本仕立て

その感想はいずれとして、今回はちょっと昔の記事を補強しようと思います。
the band apartについて オススメアルバム・全フルアルバム感想
この記事、「関連バンド」の項がありませんでした。the band apart(以下バンアパ)自体微妙に特殊なバンドですし、まして上記事で分類した「マスロック」なんて定義が不可解な謎音楽ジャンルです。今回は1記事使って、「バンアパの音楽性的な関連バンド」、、そして最後に簡単な紹介として、テクニカルフレーズの宝庫として「マスロック」にちょいと触れたいと思います。それでは!

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

the band apartについて オススメアルバム・全フルアルバム感想

band apart
画像出典・http://www.loft-prj.co.jp/interview/0505/02.html
バンドについて
the band apartは1998年から本格的な活動を開始したロッックバンド。多ジャンル(ヘヴィメタル、メロコア、フュージョン、ソウル、ジャズ、ボサノヴァなど)を横断しつつ、独自のセンスで程よくキャッチーにまとめあげられたその音楽性が最大の特徴。ジャンルとしては、「マスロック」(複雑なリズムチェンジやリフが多いバンドの総称)に分類される。その演奏技術は高く、曲中にはテクニカルなフレーズや複雑なコード進行が多く見られるが、気取った雰囲気や難解さは全くなく、良い意味であっさりと気軽に聴き込めるのが彼らの魅力である。オシャレなロックとしてBGMにする事もできるし、阿吽の呼吸によるサックリなのに濃密、遊び心たっぷりなバンドサウンドに酔っ払う事もできる。しっかりとシーンにおける立ち位置を維持したまま、聴き応え抜群のアルバムをただただ届けていく様はひたすらに頼もしい。デビュー以来歌詞は全英詞となっていたが、2012年には日本語詞も解禁した。

メンバー
荒井 岳史(あらい たけし):ボーカル&ギター
川崎 亘一(かわさき こういち):ギター
原 昌和(はら まさかず):ベース&コーラス
木暮 栄一(こぐれ えいいち):ドラムス 

オススメ曲


独断で選ぶ初聴きにオススメなthe band apart曲。1stから時系列順に。
Eric. W (K. AND HIS BIKE収録)
Higher (quake and brook収録)
Still awake (alfred and cavity収録)
I love you wasted Junks&Greens (Adze of penguin収録)
photograph (Scent of August収録)

the band apart ~音楽性から見る関連バンドと、テクニカルフレーズの宝庫「マスロック」

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

荒井岳史 / sparklers (2013) 感想

BUGQp9aCIAAD_Mh.jpg
直撮り。だって尼にないんやもん…。購入はタワレコ公式サイトで。
どこかで見たようなジャケですが、慎ましやかで、手作り感漂ってて良いですね。ソロならではかな。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. 駆け抜ける春  (5:11)
02. 写真(セルフカバー) (3:58)
03. interlude (1:15)
04. ループ&サマー (4:39)
05. Kと彼の自転車(セルフカバー) (4:53)
06. (4:52)

Total length : 24:50

総評・★★★☆
ソロだからと肩肘を張らない、自然体な佇まいに落ち着く
バンアパのギターボーカルである荒井岳史の初のソロアルバムが今作、sparklersとなります。今年は既にバンアパが新譜「街の14景」を出しており(記事はコチラをどうぞ)、それに続くリリースとなりますね。大々的に流通しているわけでもなく、ある意味ファンアイテム的なノリでのリリースとなっているので、今回はサクッとした感想にしたいと思います。
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 30分以下

the band apart / K. AND HIS BIKE (2003) 感想


K.AND HIS BIKEK.AND HIS BIKE
(2003/09/24)
the band apart

商品詳細を見る
彼らのジャケットはメンバー写真とか出てこないのがカッコいいと思う。そして毎回アルバムの内容がよく表れてる

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. FUEL
02. cerastone song
03. Snowscape
04. ANARQ
05. Take a shit
06. Fool Proof
07. silences
08. ag FM
09. Eric.W
10. K.and his bike
11. in my room (シークレットトラックとしてDIVE INTO DISNEYへの提供曲収録)

Total length : 44:40

総評・★★★★☆
熱くてクールな手垢なき粋なロックアルバム

今も昔もマイペースに自分たちの音楽を鳴らし続けるthe band apartの記念すべきデビューアルバムがK. AND HIS BIKE。一枚目ということもあり、どの曲もメリハリのついた展開に練られた構成、只者じゃないなという演奏で一曲一曲が鳴らされており、力の入った一作です。
 

…続きを読む

     

タグ: 40分台 佳作 デビュー・アルバム

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter