Deerhunter / monomania (2013) 感想


モノマニアモノマニア
(2013/04/24)
ディアハンター

商品詳細を見る
特殊加工が施されていて良い感じになっている。タイトル通りこだわりがあって良し

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Neon Junkyard   2:52
02. Leather Jacket II  3:09
03. The Missing  3:41
04. Pensacola  4:00
05. Dream Captain  3:02
06. Blue Agent   3:30
07. T.H.M.  4:19
08. Sleepwalking   3:08
09. Back to the Middle  2:37
10. Monomania   5:19
11. Nitebike   4:17
12. Punk (La Vie Antérieure)  3:27

全曲一言感想へ飛ぶ
Total length : 43:21

総評・★★★★
何をしようと決して焼き増しにならないその個性
マイクロキャッスル→ハルジオンダイジェストという会心の二連打(ピッチフォーク的には2ndからの三連打)で一気に人気インディロックバンドとなったディアハンター。ジョシュの脱退を受けてベーシストが補填されると同時に、もう一人ギタリストが足されたという事で、今作は半数以上の曲(クレジットを見ると7.8.9.10.11以外かな?)でトリプルギターという刺激的な事になっている。3者ともギターソロみたいなフレーズ弾くタイプのギタリストじゃないので「熱いギターの絡み」というより大体「各自勝手に弾き倒し」状態になっているのだが、そこがとても気持ち良い
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台 まとまり

Deerhunter / monomania 全曲一言感想

01. Neon Junkyard   2:52
古典的な曲ながら、いつも通りのリバーブ具合のせいで新鮮に響く。アウトロが良い。

02. Leather Jacket II  3:09
多分一番最初に耳に残る曲。ディーダッ・ドゥアーディドの少しイカれたテンションのイントロフレーズが強烈。ボーカルはメロディというより本能に任せた叫び。全体的にかなりごり押しの一曲だがそこが良い。

03. The Missing  3:41
マイクロ→ハルジオンで構築された彼らのイメージに近い一曲。今作唯一のロケット作曲でもある。ここまでの2曲に対して、いきなりスッキリした曲調になるもんだからインパクトがある。別にそこまでグッドメロディじゃないし、これはっていうフレーズもないのに何故か好きになってしまうあたりこのバンドらしい曲。

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter