2014/05/09 Yo La Tengo Live @EXシアター六本木 ライブ感想

この前のトータスに続いて今回はヨラテンゴです。いやー今回の旅行は最高でしたね。奇しくも両組とも六本木でのライブでした。ヒルズにも寄ってみました。特になにもしませんでしたが笑

会場の入口。@六本木感ある(ない)
写真
客層は…幅広い。そもそもヨラテンゴってこんな人気だったっけ?って感じで予想の3倍くらいお客さんがいました。こんなに居るんならそろそろ日常でもヨラテンゴファンを見かけていいものなんですが…20代前後位の若者(自分含)~40代くらいの人まで様々。外人さんもチラホラいました。整理番号は980番台、特に急ぐわけでもなく入場。なんとなくテンションが高かったのでビール飲んで待機です。

彼らのライブを見るのは去年のジョインアライブ以来二回目。ジャパンにはもう何回くらい来てるんでしょうね。地味ながらものすごく安定した支持を日本でも得てるみたいです。前年のフジが好評だったみたいなので、そうした感じでファンが増えたりしてるんでしょうか?
写真 (1)
場所はここら辺で。ヨラヨラしながら開演を待ちます…



(以下セットリストなど出てきます。もうネタバレも何もありませんが気になる方は戻るボタン推奨)

…続きを読む

     

Yo la tengo / Fade (2013) 感想


フェイドフェイド
(2013/01/09)
ヨ・ラ・テンゴ

商品詳細を見る
凄い好きなジャケなんだけども、あまりにフォルムが光り輝きすぎてて凝視できないという問題点が

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Ohm  6:48
02. Is That Enough  4:15
03. Well You Better   2:37
04. Paddle Forward   2:49
05. Stupid Things  5:06
06. I'll Be Around   4:47
07. Cornelia and Jane   4:49
08. Two Trains  4:45
09. The Point of It   3:38
10. Before We Run  6:14

Total length : 45:48

総評・★★★★☆
優しく自信に満ちた極上の音色にその身を委ねる
大ベテランの領域に入った(29年目か?)ヨラテンゴ通算13作目となるフルアルバムが今作「Fade」。93年リリースの「Painful」からの長い付き合いだったロジャーのプロデュースを離れ、トータス・シーアンドケークなどで活躍するジョンマッケンタイアを迎えて作られたということで、中々いつもと違う感触の作品に仕上がっているのでは。色んなラジオ局に赴いたり動画を配信したりと積極的にプロモーションをした成果か、チャート順位もAnd then~の138位から115、66、58ときて、ついに今作では過去最高である26位を獲得、トップ30に入り込んだ。評論家からも安定した高評価を得、未だなお現役である事を示した快作だ。
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台 佳作 まとまり

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter