THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 感想記事まとめ

thee.jpg

昔のミッシェルガンエレファント感想記事の簡易まとめ。いつかアーティスト記事が完成するまで…

cult grass stars (1996) 
★★★★

High time (1996) 
★★★★★

Chicken Zombies (1997)
★★★★★

GEAR BLUES (1998)
★★★★☆

CASANOVA SNAKE (2000)
★★★★

Rodeo Tandem Beat Spector (2001)
★★★★

SABRINA HEAVEN (2003)
★★★



画像URL http://file.blog-nakano.diskunion.net/tumblr_mg865kQXb21s1be0yo1_500.jpg      

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / SABRINA HEAVEN (2003) 感想


SABRINA HEAVENSABRINA HEAVEN
(2003/03/05)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

商品詳細を見る
孤高感漂うジャケ。好きです。この色彩感はやっぱり終焉への何かを感じさせるなぁ…。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. ブラック・ラブ・ホール
02. 太陽をつかんでしまった
03. ヴェルヴェット
04. メタリック
05. ブラッディー・パンキー・ビキニ
06. マリアと犬の夜
07. ジプシー・サンディー
08. マリオン
09. サンダーバード・ヒルズ
10. NIGHT IS OVER

Total length : 59:39

総評・★★★
到達してしまったロックバンドとしての可能性の追求
新譜としては前作からおよそ2年弱、キャリア最長のインターバルを経てリリースされたのが今作SABRINA HEAVEN。その間には、ウエノさん、チバがそれぞれミッシェル以外のバンドを組んで活動、レコード会社の移籍(トライアドからユニバーサルへ)などの大きな出来事がありました。

今までとは明らかに趣が違う
今作はミッシェルのアルバムの中でも特殊な一作です。過去作には全て、「俺らはストレートなロックが好きなんだよ」という姿勢が伺えましたが、今作は変化球的な要素が大々的に織りまぜられているのが最大の特徴。太陽をつかんでしまったに象徴されるように、チバの描く歌詞は支離滅裂ながら節々で「到達してしまった」ような視点が見え、そんな状況の下彼らがこの挑戦作を放ったというのは興味深いです。
  

…続きを読む

     

タグ: 50分台

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / Rodeo Tandem Beat Spector (2001) 感想


Rodeo Tandem Beat SpecterRodeo Tandem Beat Specter
(2009/03/18)
ミッシェル・ガン・エレファント

商品詳細を見る

どこかTMGEっぽくなくてあまり好きでないジャケ。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. シトロエンの孤独
02. アリゲーター・ナイト
03. 暴かれた世界
04. ゴッド・ジャズ・タイム
05. ベイビー・スターダスト
06. リタ
07. ビート・スペクター・ブキャナン
08. ターキー
09. ブレーキはずれた俺の心臓
10. マーガレット
11. バードランド・シンディー
12. ビート・スペクター・ガルシア
13. 赤毛のケリー

Total length : 56:15

総評・★★★★
転換作・微塵も媚びないその存在感に惹かれるか否か
前作から、ライブアルバム「CASANOVA SAID "LIVE OR DIE"」のリリース、ヨーロッパツアーなどを挟んで完成したのが今作ロデオタンデムビートスペクター。オリコン最高位3位を記録、相変わらずライブも絶好調という中での発売でしたが、先行シングル3で歌われた「パーティは終わりにしたんだ」の言葉通りというべきか、その内容は今までと一線を画すものとなりました。
 

…続きを読む

     

タグ: 50分台 秀作

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / CASANOVA SNAKE 全曲一言感想

01. デッド・スター・エンド  (3:38)
いつも通りのスタイルかと思ったらマイナー挟んでくるのが少し変化球かも。とにかく声・サウンドすべてに勢いがありすぎて流される。

02. コブラ  (4:57)
力強いゴリ押し

03. ヤング・ジャガー  (3:11)
「オーベイベー・ヤンチャだー」だと思ってた。気のせいだった。

04. プラズマ・ダイブ  (3:01)
逞しいゴリ押し
 

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter