Arctic monkeys / AM (2013) 感想


AMAM
(2013/09/04)
アークティック・モンキーズ

商品詳細を見る

このジャケはどうなんだい。でも見開いてのアーティスト写真は渋くアルバムの内容を表してる

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Do I Wanna Know?  4:32
02. R U Mine?   3:20
03. One for the Road   3:26
04. Arabella   3:27
05. I Want It All   3:04
06. No.1 Party Anthem   4:03
07. Mad Sounds  3:35
08. Fireside  3:01
09. Why'd You Only Call Me When You're High?  2:42
10. Snap Out of It  3:12
11. Knee Socks  4:17
12. I Wanna Be Yours  3:04

13. 2013 (Bonus Track)  2:26

Total length : 41:43

総評・★★★★☆
圧倒的な地力でもって新境地に至った快作

アークティック・モンキーズの新作、AM。説明不要の話題作であり、当然のように今作も英国チャート首位を獲得してしまった。「我が道をひたすら突っ走りながらその人気を保つ」というロックバンドとして理想的すぎる状態を保ち続けている彼らだが、今作はどんな作品となっているのだろうか。
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台 佳作

Arctic monkeys / Favourite Worst Nightmare (2007) 感想


フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアーフェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー
(2007/04/18)
アークティック・モンキーズ

商品詳細を見る
一見カッコ良いんだけれど、実際に見てみると予想以上に雰囲気がモコモコしていて微妙に好きになれないジャケ

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Brianstorm  2:50
02. Teddy Picker  2:43
03. D Is for Dangerous  2:16
04. Balaclava  2:49
05. Fluorescent Adolescent  2:57
06. Only Ones Who Know  3:02
07. Do Me a Favour  3:27
08. This House Is a Circus   3:09
09. If You Were There, Beware   4:34
10. The Bad Thing  2:23
11. Old Yellow Bricks   3:11
12. 505  4:13

全曲一言感想へ飛ぶ
Total length : 37:34

総評・★★★★
展開の密度を勢いで押し込めた前半・深部を広げた後半
デビュー作で大旋風を巻き起こしたアークティックモンキーズが間をおかずに放った第二撃が今作、フェイバリット・ワースト・ナイトメアー。大型新人の宿命というか、この頃から既に「ファンの求めるアクモン像」や「ファーストの呪縛」との戦いは始まっていた。アルバムはその期待に(多少は)応えるような前半部分に、新展開を見せる後半の二部構成となっているが、メンバーが「後半のほうが好き」と言うようにその真価は後半部だろう。
 

…続きを読む

     

タグ: 00s 30分台

Arctic monkeys / Favourite Worst Nightmare 全曲一言感想

01. Brianstorm  2:50
ひたすらぶっ飛んでいくドライヴチューン。緩急をつけた部分すら足を止まらず加速しているように聞こえるそのスピード感にヤラれる。

02. Teddy Picker  2:43
サンフランシスコの発展形ともいえそうな、アクモン印のリズムが刻々と刻まれるノリのいい一曲。単純な四つ打ちに準じずにノリを出すその姿勢が好きだ。批評のように鋭く切り込んでくる歌詞も痛烈。

03. D Is for Dangerous  2:16
小気味よいショートロックナンバー。2分ちょいにもかかわらず、しっかり一曲でお腹いっぱいにさせられる密度がある。

04. Balaclava  2:49
今作でも屈指の変態ナンバーで、様々なリズムが交錯しながら曲が進んでいく。コーラスのように挟まれるキメのリズムのかっこ良さ!後半の一瞬の高音がまた熱いんだ。好きな曲。

05. Fluorescent Adolescent  2:57
ここまで15分以下で駆け抜けていくその勢いの良さ。曲としてはMardy Bumの発展形だろう。他のバンドならダサくなってもおかしくないリフだが、このバンドは何とかそこからアンセムらしい雰囲気を汲み出している。

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

Arctic monkeys / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not (2006) 感想


ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノットホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット
(2006/01/25)
アークティック・モンキーズ

商品詳細を見る

名ジャケ。こりゃタバコの一つも吸ってみたくなるもんだぜ。にしてもタイトル長いよ…。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. The View from the Afternoon  3:38
02. I Bet You Look Good on the Dancefloor  2:53
03. Fake Tales of San Francisco  2:57
04. Dancing Shoes  2:21
05. You Probably Couldn't See for the Lights but You Were Staring Straight at Me  2:10
06. Still Take You Home  2:53
07. Riot Van  2:14
08. Red Light Indicates Doors Are Secured  2:23
09. Mardy Bum  2:55
10. Perhaps Vampires Is a Bit Strong But..  4:28
11. When the Sun Goes Down  3:20
12. From the Ritz to the Rubble  3:13
13. A Certain Romance  5:31

Total length : 40:56

総評・★★★★★
13の街景色を経て鳴らされた、「ここにはロマンスが足りないのさ」
新譜も近いということで、今回は00年台中盤のイギリスに彗星のごとくあらわれ数々の全英売上記録を作り上げたアークティックモンキーズの言わずと知れた有名作、「ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット」(クソ長い)を取り上げる。すでに語りつくされた感が強いアルバムなので、細かな背景などは書かない。サクッと本題に入ろう。

内容は評判通りの傑作だが
トラックリストの色分け通り、自分はこのアルバムがとにかく大好きだ。ストレートなロック感覚に印象的なリズムをキメこみ、一曲を駆け抜け終えたら矢継ぎ早に次の曲に進んでいくその潔さ。無駄に楽曲ごとの特徴を打ち出さず、アルバム全体で一本芯の通ったバンドサウンドを聴かせるその勢いも気持ちいい。勿論その中でしっかり一曲ごとにちゃんとした個性があるのも見逃せない所で、そこからバンド自体のセンスも感じられるだろう。小気味いい演奏に早口なボーカルがまくしたてていくスタイルもとてもマッチしており…と、こんな風にいくらでも褒めることはできるのだが、自分がこのアルバムを純粋に「いいな」と思うのはそんなところではないのだ。
 

…続きを読む

     

タグ: 00s 40分台 名盤 有名作 デビュー・アルバム まとまり

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter