80sインディから90sオルタナへの橋渡し「Dinosaur Jr.」  そしてその今

(2013年初出、2016/10/23全編書き直し)

Dinosaur+Jr+dinosaurjr.jpg 
Dinosaur Jr.は、「轟音」と称されたノイズ(ファズ)ギターとバンドサウンドに、気怠げポップなメロディをのせるという歪な魅力をもったスリーピースバンドだ。彼らは80年代初頭のハードコア、メタル、パンクなどに端を発しながら、90年代のグランジ、オルタナ、ニヒリズムの隆盛を代表する存在でもあり、83~97年、そして2005年から今も活動を続ける大ベテランでもある。長いキャリアの中でも、特にNirvanaの「Nevermind」旋風とともに語られる代表作「グリーンマインド」は有名である。でも、それこそニルヴァーナがそうであるように、ダイナソーも「GREEN MINDだけのバンドではない」じゃないのだ。初期から再結成後、現在に至るまで……一貫してエレキギターとベースとドラム、つまりバンドサウンドの魅力に打ちのめさせてくれるバンド。そんな衰え知らずの恐竜について、また少し違う入口からじっくりと見ていこう。
この名ジャケだけではないのだ

<目次>
オススメ曲
History Dinosaur. Jrとは
入門アルバムと全AL紹介
バンドの位置づけ、関連バンドなど


主要メンバー(J以外の二人は脱退していた時期も。詳細はwikiや後の全AL紹介記事を参照) 
J・マスシス(ボーカル、ギター、時々ドラム)
ルー・バーロウ(ベース) 
マーフ(ドラム)

まずは何よりこの一曲
3rd収録。インディ、カレッジロックの名曲。
 

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

Dinosaur Jr 全フルアルバム感想

ディスコグラフィ
ここでは個人的な解釈によって作品群を4つの時期に分類しています。初期の画像はリマスタ版です。

初期 ザ・3ピースバンドな、インディーロック全開の疾走感あふれる楽曲が主流。曲の長さも3~4分台が大半だが、熱いギターソロはすでに顕在。ボーカルは既にヘロヘロでも、バンド全体の演奏は凄まじい熱気と勢いがある。その今までにないノイズポップスタイルはソニックユース、ケヴィンシールズ(マイブラ)、スティーブ・アルビニ他多くのミュージシャンから絶賛された(ライブDVDの特典映像にて確認できる)。何がいいたいかというと、グリーンマインドだけじゃなく初期も聴いてほしいのです。


Dinosaur JrDinosaur Jr
(2005/03/22)
Dinosaur Jr

商品詳細を見る
1st。85年発売 総評・★★★★   Length:40:25
処女作ながら既にバンドの方向性は明確。当時のインディシーンに端を発しつつ、ハードコアとメタルを経由、BLACK FLAG、Hüsker Düへの憧憬、ノイズ・ラウドギターへの執着を存分に発揮してくれる。しかし音がまだ弱く若干迫力に欠けるきらいがあり、この作品から入るのはオススメしない。グランジと語られることが多いダイナソーだが、この一枚は80s初頭のロックバンド、そして90オルタナの空気間のミッシングピースにも感じる。楽曲は本当に素晴らしく、実はこれが最高傑作ではと思ったり…と自分の中で2016年現在再評価進行中。
オススメ曲→ forget the swan / the Leper / Gargoyle 他
Dinosaur Jr. - Forget The Swan (Live on KEXP) - YouTube 



You're Living All Over MeYou're Living All Over Me
(2005/03/22)
Dinosaur Jr

商品詳細を見る
2nd。87年発売 総評・★★★★★ Length:36:08
初聴きにオススメ。その評価を高めた一作であり、ファン人気も非常に高い。個人的にも最高傑作はコレだと確信するインディーロックの名作。3-4分台の楽曲たちに閉じ込められた熱すぎる演奏、メタル・ハードコア由来の強固なリズムアプローチ、そのくせパワーポップのようなグッドメロディを心底だるそうに歌いつつ、ギターソロに入ると人が変わったようにキレる。そんなダイナソーの魅力が詰まった必聴盤。「ローファイ」なんて概念が定着する前の世界、やたらハイが浮いたベース音も中々ストレンジだが、再生ボタンを押せば最初に流れてくるノイズロックの名曲「Fury Little Things」のイントロはこの録音だからこそ最高。購入の際は当時の学生リスナーに評判となった名迷カバーの「Just like heaven」収録バージョンをぜひどうぞ。





BugBug
(2005/03/22)
Dinosaur Jr

商品詳細を見る
3rd。88年発売 総評・★★★★★ Length:35:24
初聴きにオススメ。これまたインディロックの大名曲、Freak sceneが英国Indie chartに初ランクイン、売上も伸ばし、後に「1001 Albums You Must Hear Before You Die」に選ばれるなどバンドへの音楽的評価を決定づけた一作。基本は前作の延長線上だが、ギタープレイがバッキング寄り、ポップさが増した点が特徴か。3ピースバンドのお手本のような曲が詰まっており、その内容はやはり必聴。「Don't」はノイズコアの名曲。



リリース直後にベースのルー・バーロウが脱退しており、その後彼はSebadohとして活躍することとなる。


…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

Dinosaur Jr./ Where you been (1993) 感想


ホエア・ユー・ビーンホエア・ユー・ビーン
(2006/07/05)
ダイナソーJR.

商品詳細を見る
このちょっと手に取りづらいジャケの雰囲気な。自分のは再発版じゃないのでボートラの評価は割愛ですが、What else is newの10分越えライブ版は凄まじいのでリイシューの方を買ったほうがお得だと思いまする。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Out There  5:52
02. Start Choppin  5:39
03. What Else Is New  5:09
04. On the Way  3:27
05. Not the Same  6:00
06. Get Me  5:50
07. Drawerings  4:49
08. Hide  4:11
09. Goin' Home  4:14
10. I Ain't Sayin  2:27

(2006 reissue Bnus track)
11. Hide (John Peel session) 3:49
12. Keeblin' 3:40
13. What Else Is New (Live) 10:02

全曲一言解説へ飛ぶ
Total length : 47:38

総評・★★★★
ヘヴィブローな一作、重い轟音に打ち倒される
グリーンマイドに続いてメジャーでは二作目となるのが今作ホウェアユービーン。時代の波に乗れたのか、シングルカットとなったスタートチョッピンと共にダイナソーでは一番売れたアルバムです。メジャー時代では唯一のフルバンド形式の作品でもありますね。ここから音楽性が一回り更新されるんだなぁ…。
 

…続きを読む

     

タグ: 90s 40分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter