Kurt Vileについて ~過去と今を結ぶ、USインディの理想像

(2015/11/03 初出、2016/10/13 全編書き直し)
kurt-vile-bring-your-jack-2013.jpg
USインディとKurt Vile
話を始める前にまずひとつ。「USインディ」という言葉、カテゴリにどんな音楽を想像するだろうか?否定的な人なら、冴えない男たちがなんか内輪でやってるやつ、社会やポップから一歩引いたところで音楽やってるスケールの小さい奴らか。好意的なひとなら、ドリーム・ポップ、ネオアコ、シューゲイザーなどを通過したキラキラ(あるいはセンチメンタル)なギターポップ?はたまた、グチャグチャな年代のサイケを強引にまとめた万華鏡的なサイケデリア?オルタナよろしくの轟音・エモやポストパンク譲りのアプローチが鳴り響く、一枚岩の様でその実多様なギターロックか。いやいや今の時代そんな単純には分けれない、Yo La Tengoのようにそのどれでもあったりもするだろう……とか。

実際の音はどうあれ、そこにあるのは「歴史(過去)への視点」、そして「トレンドに囚われない創作」だ。USインディは、それぞれのミュージシャンが自分の音楽史観を手工芸で好き勝手に再構築していくような創作スタイルを指している、と個人的に思っている。

というところで本稿の主役、1980年生まれの長髪シンガーソングライター、Kurt Vile(カート・ヴァイル)の登場だ。往年のルーツ・ミュージックを見事2010年代的な「インディ・ロック」へ更新したシンガーソングライター。ex. SONIC YOUTHのサーストン・ムーア、キム・ゴードンに、Dinosaur. JrのJ.マスシス、Deerhunterのブラッドフォード・ コックスと、錚々たるミュージシャンにリスペクトされ、全米チャートTOP40、全英チャートTOP30にランクインするスケールをもった、2010年代のUSインディを代表するミュージシャンの一人。今回は順を追って、そんな彼の魅力について書いてみる。(紹介記事としてはちょっと長くもあるので、「で、どれを聴けばいいの?」という方は、記事中の動画をクリックしつつ、最後の「初めて聴くなら」に飛んでいただければ幸いです。)

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

Kurt Vile / b'lieve I'm goin down...(2015) 感想


6枚目にして、ついにうつむかず(影にならず)こちらを見つめ返すように。ローファイ宅録青年時代からの、スケールの広がりと自信の深まりを感じさせたり。

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
1. Pretty Pimpin  4:58 視聴はこちらから
2. I’m an Outlaw  4:21
3. Dust Bunnies  4:38
4. That’s Life, Tho (Almost Hate to Say)  6:26
5. Wheelhouse  6:14
6. Life Like This  4:04
7. All in a Daze Work   4:59
8. Lost My Head there   6:55
9. Stand Inside  5:12
10. Bad Omens   2:50
11. Kidding Around  4:27
12. Wild Imagination   5:50

Total length : 60:54

ゆるやかに変化していく日常を音楽と共に
総評・★★★★☆

…続きを読む

     

タグ: 15年 60分台 佳作

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter