Sonic Youth / NYC Ghosts & Flowers (2000)


このジャケットは最高。今作のモチーフである「ビート・ジェネレーション」の代表的作家、ウィリアム・S・バロウズの作品となっている(別サイトさんの記事参考)。

太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
1. Free City Rhymes  7:32
2. Renegade Princess  5:49
3. Nevermind (What Was It Anyway)  5:37
4. Small Flowers Crack Concrete  5:12
5. Side2Side  3:34
6. StreamXSonik Subway  2:51
7. NYC Ghosts & Flowers  7:52
8. Lightnin  3:51

Total length : 42:18

"Confusion is Next"?
Confusion is next」、「Chaos is the future. And beyond it is freedom (混沌こそ未来、そしてその彼方に自由が)」とは、1983年にソニック・ユースが示したスタイルだ。「世の中には多くの軋轢・断絶、相容れない共存関係(カオス)があるが、逆に、そこにこそあらゆる可能性が在るのだ」……というのは自分の勝手な解釈だが、この歌詞がとても好きで、実際、意識的か否か、SONIC YOUTHはそれを間接的に体現してきた。華々しい80sのさなか、その真逆の存在である単なる音楽フリーク4人がポスト・パンクっぽくノイズを延々鳴らし続けていたらインディシーンの礎となり、90sにはアンダーグラウンドとメインストリームの転覆を起こすキッカケにまでなった。そんなことが起こりえるのだ。この一節はどんな現実にも向かい合える、力強い指針だと思う。そして00sへ。自分は後期(2000年~)ソニック・ユースの、NYを見つめなおすことで急速に自身の音楽性を洗練させていく流れがとても好きで、その口火を切ったのが今作である。通算11作目、2000年発表の『NYC Ghosts & Flowers』。
 
 

…続きを読む

     

Sonic Youth / Sonic Nurse (2004) ―シティ・ポップが夢見なかった都会

51I-3Yj0DbL.jpg
ジム・オルークが加入しての2000年代SYの名盤「ムーレイ・ストリート」に続く13作目。代名詞でもあった凶暴なノイズワークを抑え、甘いメロディ(!)を見せ、(比較的)ストレートなロックアプローチをとったことで賛否もあった過渡期の一作をレビュー。このアルバムは代表作というわけではないが、個人的に大好きな一作でもあり、長く続くバンドだからこその説得力、住む街の取り上げ方…そのあたりにこの2016年思うところがあって更新する次第だ。ところでこのアルバムタイトルはどうなの…。

太字>普通 赤太字は特筆曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Pattern Recognition  6:33
02. Unmade Bed  3:53
03. Dripping Dream  7:46
04. Kim Gordon and the Arthur Doyle Hand Cream  4:51
05. Stones  7:06
06. Dude Ranch Nurse  5:44
07. New Hampshire  5:12
08. Paper Cup Exit  5:57
09. I Love You Golden Blue  7:03
10. Peace Attack  6:10

Total length : 62:48

現実に向きあうことで更新されていくもの

…続きを読む

     

Thurston Moore / The Best Day (2014) 感想 「サーストンはムーアにしかなれない」

ゴダゴダになってしまったソニックユース、しかしてメンバーの活動は皆精力的。今作はサーストンムーアのソロ4作目で、去年のChelsea Light Movingでの新譜から短いスパンでのニューリリースとなりました。

ザ・ベスト・デイザ・ベスト・デイ
(2014/10/15)
サーストン・ムーア

商品詳細を見る

このジャケは素晴らしい。タイトルとも良く合っています。

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
01. Speak to the Wild – 8:30
02. Forevermore – 11:15
03. Tape – 5:54
04. The Best Day – 4:31
05. Detonation – 2:56
06. Vocabularies – 4:31
07. Grace Lake – 6:53
08. Germs Burn – 5:52

Total length : 50:22

総評・★★★★
良くも悪くもサーストン流でまとめあげた一作
自分はソニックユースが大好きです(挨拶)。ブログ開設初期、いの一番にバンド記事を書いたりりしたくらい。だからこそ今作の主人公には文句垂れたくなるのですが、ゴタゴタから3年、ついに彼が「ソニック・ユース在籍時のサーストン節」を手に新作を出してきた。コレは聴かずには、書かずにはいられないということで今回の、自分にしては素早い更新に至ります。
 

…続きを読む

     

タグ: 14年 40分台

Lee Ranaldo And The Dust / Last Night on Earth (2013) 感想


ラスト・ナイト・オン・アースラスト・ナイト・オン・アース
(2013/10/23)
リー・ラナルド・アンド・ザ・ダスト

商品詳細を見る
いけてるおっさん。アナログで買ったらカッコ良さそうだなー。紙ジャケ!

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
1. Lecce, Leaving  6:55
2. Key/Hole  7:04
3. Home Chds  7:29
4. The Rising Tide   9:09
5. Last Night on Earth  4:58
6. By the Window  6:57
7. Late Descent #2   3:27
8. Ambulance  6:23
9. Blackt Out  11:26

Total length : 63:48

総評・★★★★
インパクトや派手さがなくても良いロックアルバムは創れる

何か冷める出来事からゴタゴタしてしまったソニックユース。各メンバーがそれぞれの活動を始めた中、トラブルから二作目となる、(Drにスティーヴ・シェリーを引き連れての)リーのソロ作である。

…続きを読む

     

タグ: 13年 60分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter