American Football / american football (Ⅱ) 感想 ~17年ぶりのリリースに寄せて


リアルタイムでこんな瞬間に巡り合うとは思ってなかった。あの家の中へはいれるなんて……。

太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Where Are We Now? – 4:44
02. My Instincts Are the Enemy – 4:49
03. Home Is Where the Haunt Is – 3:26
04. Born to Lose – 4:54
05. I've Been So Lost for So Long – 4:36
06. Give Me the Gun – 3:24
07. I Need a Drink (Or Two or Three) – 4:58
08. Desire Gets in the Way – 3:28
09. Everyone Is Dressed Up – 3:39

Total length : 37:58
<国内盤ボーナストラック>
10. letters & packages (live in Tokyo)
11. you know i should be leaving soon(live in Tokyo) 


アメリカン・フットボール。1999年にファーストアルバムを発売しただけで、2000年代のエモ、マス・ポストロックに多大な影響を与えた、界隈のレジェンド・バンド。17年ぶりだっていうのに初っ端から過去を持ちだすのもあれだけど、やっぱりまずはこの一曲で始めたい。「Never Meant」。

…続きを読む

     

タグ: 16年 40分台 80点台 深夜

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter