WONK / Sphere (2016) 感想 - まだひとが足りない

(11.10 書き起こし)

サイケなアートワークでキマってる。抜き取ったのかこれから入れるのか

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Introduction #2 -Sphere-
02. savior
03. Real Love (feat. JUA & Shun Ishiwaka)
04. RdNet (feat. Patriq Moody)
05. Emly (feat. Onetwenty)
06. h.v.c
07. Glory (feat. Tweli G)
08. 1914
09. Minton (feat. Kohei Ando)
10. Over
11. DOF (feat. Dian from Kandytown)

Total length : 36:32


「HIATUS KAIYOTEをはじめとして、世界で巻き起こるフューチャーソウル旋風。ついに日本にも、その波を牽引するバンドが現れました。彼らの名は「WONK」。ジャズやソウル、ヒップホップの要素をクロスオーバーに取り入れ、独自の音楽を生み出している、話題沸騰中のエクスペリメンタル・ソウルバンドです。」
日本のR&Bシーンを牽引する、世界水準バンド『WONK』


あまり自分と仲良くなれなそうな人なら「本格派」なんて呼び方をするかもしれない。Robert Glasper Experimentが浮かんでくるジャズピアノ、D'angeloのズレのあるビート、J・ディラ、サンプリング感覚と生音の同居。そんなかなり強い参照句で謳われる、"エクスペリメンタル・ソウル・バンド"(勿論キャッチコピー)WONKのファーストアルバムを聴いた。そのサウンドは確かに近年のフューチャーソウルに並走するもので、この音楽性がインディからDIYで出てくるのに門外漢ながらびびってしまう。
WONK、yahyel、TAMTAM、ZA FEEDO―海外シーンの活況と共鳴する、ハイブリッドで新しい感性を持つ日本人バンドの台頭 - Mikiki
今回はこの辺りの記事が参考になった。

…続きを読む

     

タグ: 16年 30分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter