風来のシレン2 最果てへの道クリアに寄せて~最終回を見た後のようなあの感覚~


不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!
(2000/09/27)
NINTENDO 64

商品詳細を見る

風来のシレン2というゲームがあります。結構知名度もあり、実際名作だと思う作品です。不思議のダンジョン系と分類されるゲームで、自分は中学生の時友達からもらったこのゲームに魅力され結構やりこんだのですが、当時どんなに頑張ってもクリア出来なかったステージがありました。それが「最果てへの道」です。その時は結局諦めたのですが、大学受験が終わったあと「家にあるゲームをちゃんとクリアしよう」と思いたち、久々に起動、どうせならと最初からを選んでプレイを始めたわけです。

改めてプレイする風来のシレンはやはりクソゲーでした。
・ほんのちょっとの油断で、何時間も積み上げて強化した武器が失われる
・どうあがいても切り抜けられない状況に、運の要素で放り込まれる
・オートセーブだからリセット不可
・一つの探索を終えれば毎回レベル1に戻る(探索を無事終えるとアイテムは残る)。
特にヤバいのは運の要素とリセット不可の所。これはポケモンで例えるなら、レベル5から42位まで地道に育てていたポケモンが突如手持ちからいなくなり、それと同時にレポートを書きましたとか言われるようなもの。いかに理不尽なクソゲーなのかよく分かると思います。で、パワプロのサクセスとかと一緒でクソゲーが故に繰り返しプレイしちゃうんですね。理不尽だからこそ、そこに経験と実力、そして運すら絡めて勝ちたくなるというか。まぁとにかく、死んでも死んでも何度もやり直しちゃう魅力がこの作品にはあるわけです。

ストーリーとしては一回のダンジョン探索を繰り返して材料を集め、城を作っていくのが目的なのですが、作っていく内に色んなイベントが起き、街の人たちの話ぶりが変わっていくのがまた楽しいんですね。うどんを頼んでるのにいつまでも料理がこなくて、話が進むたびに違う嘆き節をいうデブ(コイツが今回の話の肝です)とか。出来かけの城にたいして随時コメントを出す人とか。まぁそんな些細な変化も楽しみつつ、探索しながら装備を鍛え、時にその装備を失い、また探索しを繰り返しながらゲームを進めていくのです。 

…続きを読む

     

GRAPEVINE / here (2000) 感想


HereHere
(2000/03/15)
GRAPEVINE

商品詳細を見る
自分が好きな(紹介する)邦楽CDが大体1円になっているんだがこんなの絶対おかしい

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. 想うということ  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
02. Reverb(Jan.3rd Mix)  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
03. ナポリを見て死ね  (作詞/作曲:田中和将)
04. 空の向こうから  (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
05. ダイヤグラム  (作詞/作曲:田中和将)
06. Scare  (作詞:田中和将/作曲:西原誠) 
07. ポートレート  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
08. コーヒー付  (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
09. リトル・ガール・トリートメント  (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
10. 羽根  (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
11. here  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
12. 南行き  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)

Total length : 55:53

総評・★★★★☆
濃すぎる一枚、何度も迎えるクライマックスの果てにあるものとは

前作の成功から約8か月、「とりあえず濃い物つくろうや」ということで制作されたの今作、here。暗いとか憂鬱といった重みではなく、演奏と楽曲の濃度が生み出す重さを持った作品です。そこが自分には重すぎて長らく好きになれなかったんですが、最近聞き返してみると、その込められた重さは侮れなく、感嘆してしまったわけで、「あ、これすごく良いアルバムだな」と評価を改めたので書いてみようと思います。
 

…続きを読む

     

タグ: 50分台 佳作 まとまり

山崎まさよし / ステレオ2 (1997) 感想


STEREO2STEREO2
(1997/11/27)
山崎まさよし

商品詳細を見る
とても肌触りのよいジャケ。ここらへんのまさよしは中古250円の常連なのでお買い得です。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01.Good morning (4:05)
02. あじさい (4:29)
03. ピアノ (2:45)
04. 長男 (3:51)
05. ピンボール (3:39)
06. 星に願いを (3:48)
07. 振り向かない (prototype'94) (4:42)

Total length : 27:21

総評・★★★★
とてもスッキリまとまった、優しく穏やかで温かい魅力的な音楽

アルバムを全部持ってる訳ではないですが、自分はこのミニアルバムが一番まさよしの中で好きです。「まさよしの声良いよね。ワンモアタイムの人でしょ?ちょっと聞いてみようかな」という人はこのアルバムから入るのもオススメ。ステレオはまさよしのプライベートアルバムというスタイルで、ほぼ全楽器を彼が手がけるリラックスした作品集なのですが、今作は30分以下という短い収録時間の中に濃密で、でも聞き苦しくはない素敵な曲たちが詰められています。 
 

…続きを読む

     

タグ: 30分以下 秀作 ラウンジ

CAN / Soundtracks (1970) 感想


SoundtracksSoundtracks
(2009/11/23)
Can

商品詳細を見る
ん、まぁこんな感じかなというジャケ。特には…。裏側のアーティスト写真好き。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
1. Deadlock  3:27
2. Tango Whiskyman  4:04
3. Deadlock (Titelmusik)  1:40
4. Don't Turn the Light On, Leave Me Alone  3:42
5. Soul Desert  3:48
6. Mother Sky  14:31
7. She Brings the Rain  4:04

Total length : 35:08

総評・★★★★
統一感のなさが面白い、CANのいろんな顔をのぞけるアルバム

タイトル通り、自身のてがけた映画音楽をまとめて一つの作品にしたのが今作サウンドトラックス。前作でボーカルを務めたムーニーは今作で脱退、ヒッピーやってたダモ鈴木が今作から参加となるのですが、今作には二人のボーカルが2:4の比率で共存しています。ボーカルが統一されていない、サントラということでか曲それぞれが独立しているなどで編集盤の要素が強いアルバムですが、そのバラバラ感が良い味だと思います。
 

…続きを読む

     

タグ: 70s 30分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter