JOIN ALIVE 7/27感想(後篇)

前回の記事に続いて勝手に自分のJA13を振り返ろうと思います。今回は27日の後半4組の感想です。

Yo La Tengo (全編)
この人たち見るために27日のチケット買ったんです。もう期待値振り切れながら、リハ始まる前から最前列陣取っていました。本格的に好きになったのが最近だったので、そこで北海道に来るというのはホントタイムリーすぎて嬉しかった…!ジョインアライブでヨラテンゴて、お客さんくるのかなーと思いましたが、公演が始まるうちにしっかり人が増えてきて、少なくともガッカリするような人数にはなりませんでした。むしろ結構いた。セットリストは多分フジロックの数曲抜きバーション。1. Stupid Thing 2. Stockholm Syndrome 3. Tom Courtenay 4. I'll Be Around 5. Before We Run 6. Sugarcube 7. Ohmかな。あぁ、記憶がもうおぼろげだぁ…。ライブのノリは大体この映像と同じ。
歓声あがるタイミングまで一緒で笑える

最初はボーカルが微妙に聞こえないわ音のバランスも何か悪いわで「大丈夫かなぁ」と思いましたが、すぐに本領発揮。大好きなストックホルムシンドロームはやっぱり良い曲でしたし、I'll be aroundはアルバムを超えるスケール感での完全再現でした。特にBefore we run→Sugarcube→ohmの三連打は絶頂もん。ohmの後半は陶酔しきった顔でアイラがギター振り回し出したのですが、最後にギターを神輿担ぐように上に挙げて舞いだしたのには正直吹かざるをえなかった。同時に一番盛り上がったシーンでしたね。そういうのも含めて、滅茶苦茶な弾き方でノイズを撒き散らすたびに歓声が上がったりする光景を見てると、「あぁ皆ロック好きなんだなぁ…」となんかじんわりきてしまいました。3人がパートチェンジし工夫そながら曲を進めていくので音の数はどうしたって少ないんですが、そこから鳴らされたのは間違いなく今回のJA出演陣の中で一番スケールのでかい、懐の広い音でした。その演奏はホント圧巻です。流石すぎる。アラがあったりするのがまた良いんですよ。完璧じゃないから良いんです。

多分今回の短すぎるライブ時間に満足出来た人はいないです。それでも、きっと見た人皆が「このバンド最高だな」と思い、単独来日期待してるよ!と思えるライブだったと思います。まだにわかながら、ヨラテンゴ最高や!
Yo La Tengo / Fade (感想)へ飛ぶ

…続きを読む

     

JOIN ALIVE 7/27感想(前篇)

ジョインアライブ2013(以下JA13)に参加してきました。27.28の二日間、チケット代約1万5千、協力を得て行きの交通費をカットしつつ食費含めて総消費は2万弱。単純計算で1日1万かけた訳ですが、その価値は十分あるものでした。全然抑えた方でしょう。その中で自分が出会った見知らぬ、或いは好きなアーティストたちを掘り下げつつ個人的なまとめとしたいと思います。今回は27日についての記事、前篇です。ライブ見るのに集中していて演奏画像なんて一つも無いぜ!その上読み応えもないけど許してください。この素晴らしい煩わしい気持ちを真空パックしておけないもんかと健忘録として文字をおこす次第です。


降水確率は80%と言われながらも当日は何とか曇りを保っていました。岩見沢という所でやってるんですが、「どんな所だろう?」という人の為に参考画像を置くとこんな所です。
写真 3 (3)田舎大自然だな…。虫蜂飛びまくり大自然だな…。

まぁこんな感じの野外ステージが二個あって、それとは別に小さいステージ一つ、サーカス小屋みたいなライブハウス風味の会場ひとつの計4つでライブステージが設置されているわけです。では一つ目から勝手に振り返っていきます。

…続きを読む

     

JOIN ALIVEにいってきます

ジョインアライブ行ってきます。

えぇ、シーアンドケークとヨラテンゴ、そして色んなバンド、アーティストのライブを楽しんできますよ

そのためには今とその後頑張らないけません

ということでしばらく音楽を聴いていられそうにないのが残念です

八月まで頑張ってきます

     

Girls Names / The new life (2013) 感想


New LifeNew Life
(2013/03/12)
Girls Names

商品詳細を見る
ジャケが良くてなんかノリで買った感は確かにある。紙ジャケです。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Portrait  0:50
02. Pittura Infamante  4:55
03. Drawing Lines  4:50
04. Hypnotic Regression  3:48
05. Occultation  5:13
06. A Second Skin  4:05
07. The Olympia  4:06
08. Notion  2:54
09. Projektion  4:50
10. The New Life  7:32

Total length : 43:39

総評・★★★★
演奏に比重を置いた歌もの、ミニマムで堅実な曲進行に安心

Girls Names。関連動画から飛んでったら偶然見つけたんですが、これが中々よかったので購入した次第。もう全然知らないバンドなんですが、向こうのwikiを見る限り結構知られているバンドなのかな…?それはともかく、ここでは今作だけの印象で些細な感想をつけて行きたいと思います。自分が感じた大雑把な印象としては、ちょっと風通し良くしたホラーズあるいはjoy devision寄りになったドラムスといった感じ。

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter