しばしブログの更新を停止します

最近は中々に忙しげな日々を送っており、ブログを更新出来ていません。

が、折角色々とここまでベタベタ書いてきたので、ここにきて放置とはしたくないです。

どうせですので、この機に色々と考えてみたいと思います。

更新再開した時にまた会いましょう。


何だかんだ言って一週間以内には再開しそうな予感…。

     

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / SABRINA HEAVEN (2003) 感想


SABRINA HEAVENSABRINA HEAVEN
(2003/03/05)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

商品詳細を見る
孤高感漂うジャケ。好きです。この色彩感はやっぱり終焉への何かを感じさせるなぁ…。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. ブラック・ラブ・ホール
02. 太陽をつかんでしまった
03. ヴェルヴェット
04. メタリック
05. ブラッディー・パンキー・ビキニ
06. マリアと犬の夜
07. ジプシー・サンディー
08. マリオン
09. サンダーバード・ヒルズ
10. NIGHT IS OVER

Total length : 59:39

総評・★★★
到達してしまったロックバンドとしての可能性の追求
新譜としては前作からおよそ2年弱、キャリア最長のインターバルを経てリリースされたのが今作SABRINA HEAVEN。その間には、ウエノさん、チバがそれぞれミッシェル以外のバンドを組んで活動、レコード会社の移籍(トライアドからユニバーサルへ)などの大きな出来事がありました。

今までとは明らかに趣が違う
今作はミッシェルのアルバムの中でも特殊な一作です。過去作には全て、「俺らはストレートなロックが好きなんだよ」という姿勢が伺えましたが、今作は変化球的な要素が大々的に織りまぜられているのが最大の特徴。太陽をつかんでしまったに象徴されるように、チバの描く歌詞は支離滅裂ながら節々で「到達してしまった」ような視点が見え、そんな状況の下彼らがこの挑戦作を放ったというのは興味深いです。
  

…続きを読む

     

タグ: 50分台

荒井岳史 / sparklers (2013) 感想

BUGQp9aCIAAD_Mh.jpg
直撮り。だって尼にないんやもん…。購入はタワレコ公式サイトで。
どこかで見たようなジャケですが、慎ましやかで、手作り感漂ってて良いですね。ソロならではかな。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. 駆け抜ける春  (5:11)
02. 写真(セルフカバー) (3:58)
03. interlude (1:15)
04. ループ&サマー (4:39)
05. Kと彼の自転車(セルフカバー) (4:53)
06. (4:52)

Total length : 24:50

総評・★★★☆
ソロだからと肩肘を張らない、自然体な佇まいに落ち着く
バンアパのギターボーカルである荒井岳史の初のソロアルバムが今作、sparklersとなります。今年は既にバンアパが新譜「街の14景」を出しており(記事はコチラをどうぞ)、それに続くリリースとなりますね。大々的に流通しているわけでもなく、ある意味ファンアイテム的なノリでのリリースとなっているので、今回はサクッとした感想にしたいと思います。
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 30分以下

音響派?ポストロック?シカゴの無国境バンド「The Sea and Cake」のオススメ

(2016/11/15に内容を更新しました)
The sea and cakeの個人wiki的な紹介記事第一弾。

The+Sea+and+Cake.jpg
画像出典・http://holdmyticket.com/event/119325
ザ・シー・アンド・ケークは、1994年に活動を開始した、トータスらとともにThrill Jockeyをさりげなく代表する、シカゴの……不思議なバンドです。彼らの音楽をジャンル分けするのは割に難しい。インディロック、あるいはポストロックに括るか。はたまたポストジャズ?エレクトロニカ?ライト、ソフトロック?ブラジル音楽やボサノヴァを引き合いに出されたりもするし、時期によっても違く、実際これは多分どれでもあるしどれでもない。

言えるのは、このバンドが自由にジャンルをまたいで無二の音楽を鳴らしてきたこと、そしてヒットチャート的な文脈の外で20余年あまり活動し支持され続けてきたこと、この二つです。キーワードをあげるなら、ソフト・ロック、シカゴ音響派、ポスト・ロック(ポップ)、エレクトロニカ(バンド)あたり。このページを訪れた人がどんな風にこの名前に出会ったかは分からないけれど、このよく分からなくて素敵な音楽を手に取るキッカケになれば。
今回は第一弾、バンド紹介として「メンバー」と「初めて聴くなら」です。

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter