スピッツ / SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物” 2013/11/24 @札幌ニトリ文化ホール

mk1124.jpg画像出典・http://spitz.r-s.co.jp/tour/2013/blog/2013/11/%e3%83%8b%e3%83%88%e3%83%aa%e6%96%87%e5%8c%96%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab2%e6%97%a5%e7%9b%ae/
 
SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物” 2013/11/24 @札幌ニトリ文化ホールに参加してきました。14thアルバム「小さな生き物」に伴うツアーですね。個人的に今回のライブを振り返ってみようと思います。ちなみに前回更新したスピッツのアルバムレビュー記事はこちらになりますので、よければどうぞ。
スピッツ / 小さな生き物 (2013) 感想
今回のアルバムは個人的に久々のヒットだったのでライブも楽しみ。

ライブへは連れと一緒に参戦しました。誰かとライブ観に行くなんて何年ぶりかな…。どっちも新作を気に入っており、個人的には「りありてぃ」を。連れは「オパビニア」を楽しみにしながら開場入りです。

ちなみにこれはライブレポなんてものじゃありません。記事内容としては感想文の域ですので、スピッツファンの方はどうぞ…。





ここから物販およびセットリストに関する内容が出てきます。
気になる方は戻るを推奨





…続きを読む

     

スピッツ / 小さな生き物 (2013) 感想


小さな生き物小さな生き物
(2013/09/11)
スピッツ

商品詳細を見る
自分が買ったのは金欠につき通常盤!エスペランサー、あかさたなは限定版にしか収録されていないので未聴です…。悔しく。

(佳曲)<太字(好み)<普通。 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト

01. 未来コオロギ (4:13)
02. 小さな生き物 (3:23)
03. りありてぃ (3:33)
04. ランプ (4:03)
05. オパビニア (3:04)
06. さらさら (4:14)
07. 野生のポルカ (3:34)
08. scat (2:52)
09. エンドロールには早すぎる (4:09)
10. 遠吠えシャッフル (2:57)
11. スワン (3:25)
12. 潮騒ちゃん (3:29)
13. 僕はきっと旅に出る  (4:45)

 Total length : 48:07


総評・★★★★
スピッツらしさを保ったまま、足踏みはせず歩み続ける
前作「とげまる」からおよそ三年、間に編集盤「おるたな」を挟んでリリースされたのが、スピッツ通算14作目となるオリジナルアルバム、「小さな生き物」。草野マサムネが震災を目の当たりにし精神的ショックから倒れるなどの出来事を越えて発売された、これぞスピッツという、バンド再始動を強く印象づける一枚となった。

売上としては、5年11ヶ月ぶりに首位を獲得、初動は前作の9.5万枚から7.7万枚にダウン。とはいえブランク、他バンドの切ないほどの売上減を考えれば、ダウンというより横ばい・大健闘と言っていい結果だ。ファンとの信頼関係の強さが窺える。

リリース形態は、通常版・DVD/Blu-ray付・デラックスエディションの4種類が用意されている。初の複数形態だが、通常盤の他に完全上位互換が選択肢に増えただけなのでファンは一安心。が、一番高価なDX版には新曲が2つついてくる。何だと…。詳しく知りたい方はこの記事を参考にどうぞ→http://moma-bd.com/spitz.chiisana.htm
それでは内容に入ろう。
 

…続きを読む

     

タグ: 13年 40分台 秀作

JASRACは必要か。訴訟問題から考える、その存在意義と著作権のあり方

すごいわかりづらい記事になってしまった上、こんな記事かいたそばから「パソコンも保証金の対象に」とか言い出したので、これは今度また書き直します。

jasrac_youtube05.jpg

最近JASRACがまた話題になっている。

JASRACの使用料徴収方式 「新規参入を排除」 東京高裁
東京高裁が、「管理する楽曲を一定額で使い放題にするJASRACの「包括徴収」方式は、他の業者の参入を排除する」と判断したのだ。もしこれが独占禁止法違反となるなら、著作権管理業界は大きく動くこととなる。

元々あまり好かれておらず、特にネット住民からしょっちゅう目の敵にされるJASRAC。またひとつ叩きやすい的が増えてしまったようだ。ネットでのJASRACに対する批判・叩きは2007年頃から加速しており、最近はあまり見なくなったが「カスラック」なんて言葉が浸透するほどの有り様だった。その印象から、JASRAC=悪い会社というイメージを持っている方も多いのではないだろうか。

しかし、ここで改めて、JASRACは本当にそう否定されるだけの存在なのだろうか考えたい。「著作権を盾に利権をむさぼるハイエナ」のような、漠然とした酷いイメージだけで判断してはいないだろうか。今回は件に関連した秀逸な記事を3つ紹介することで、JASRACについて、著作権についての認識を深めたいと思う。

(基本的に囲い線部(スマホなら箇条書きの部分)は引用だが、要約なので多少語尾が変わっている箇所がある。また、矢印からの文章は個人的な補足であり、作者の発言ではない)





 

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter