Beck / Morning phase (2014) 感想


モーニング・フェイズモーニング・フェイズ
(2014/02/26)
ベック

商品詳細を見る
ドヤ顔とか言わないの。タイトル通りの色彩感が好きですね。国内盤はケース付き。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Cycle 0:40
02. Morning 5:19
03. Heart Is a Drum 4:31
04. Say Goodbye 3:29
05. Blue Moon 4:02
06. Unforgiven 4:34
07. Wave 3:40
08. Don't Let It Go 3:09
09. Blackbird Chain 4:26
10. Phase 1:03
11. Turn Away 3:05
12. Country Down 4:00
13. Waking Light 5:02

Total length : 47:00

総評・★★★★☆
様々な意味を汲み取る「朝」を鳴らし映した復活作
90年台・00年台と存在感を放ち続けてきたベック。デビューからもう20年、通算8作目、10年台初のリリース作品が今作、MORNING PHASE(朝方)である。フィジカルリリースは6年ぶりだが、その間ベックが何をしていたのかはこの記事に詳しい。
[FEATURE] Six Years Of Beck:『Morning Phase』までのベックの6年間 | Monchicon!
「2008年頃に脊椎をひどく傷めてしまい、しばらくの間満足な音楽活動ができなかった」「自身の音楽に対する姿勢をじっくりと見つめ直す機会が生まれた」「西海岸の老舗レーベルcapitolに移籍、カリフォルニア・ミュージックの伝統に触発された」あたりが作品背景的にトピックかな。

まずは簡単に自分のベック観を。好きなアルバムは、上から順に…ミューテイションズ、オディレイ、シーチェンジ。つまりベックの作品を乱暴にヒップホップ寄り(mellow gold, information)、ポップ寄り(odelay, guero)、と分けていくなら、割とアコースティック寄りなベックが好きな人である。そして今作は正しく、もう純度100%でそのタイプのベック作品だ。
 

…続きを読む

     

タグ: 14年 40分台 傑作

Stephen Malkmus & the Jicks / Wig Out at Jagbags (2014) 感想


ウィグ・アウト・アット・ジャグバッグズウィグ・アウト・アット・ジャグバッグズ
(2014/01/08)
スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス

商品詳細を見る

なかなか洒落たジャケ。良いセンスだ…。ボートラも良い、解説対訳付きということで国内盤推奨。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングルorリード曲、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Planetary Motion
02. The Janitor Revealed
03. Lariat
04. Houston Hades
05. Shibboleth
06. J Smoov
07. Rumble At The Rainbo
08. Chartjunk
09. Independence Street
10. Scattegories
11. Cinnamon and Lesbians
12. Surreal Teenagers

13. Pick up the spare(ボートラ)

Total length : 44:53 (この人の曲は大体ツボなので太字がインフレです)

総評・★★★★
開放的で居心地の良いダルなバンドサウンドに酔う
Pavement解散後、ソロとして6作目のアルバム。前作「ミラー・トラフィック」で、同時代の盟友ベックと組んである種の集大成を見せたマルクマス。心機一転、リスタートの一作がこれ、ウィグアウト・アット・ジャグバッグス(ちなみにWig outは俗英語で「麻薬に酔う・興奮する」、Jagbagは謎。タイトルの意味はアマゾンレビュー曰く「ジャグ・バッグでド派手なカツラを装着せよ」)。その他作品の詳細は国内盤のライナーノーツを参照です。

楽しそうなマルクマス
まず今作を聞いて何より感じるのは、「演奏楽しそう」ということ。7/4やらを多用して、地味かつ自然に凝ってるバンドアレンジも、ヘロヘロしつつも時折腰にくるキメのツボも押すリズムも、愉快なホーンセクションも、とにかくそのバンドアンサンブルの中でマルクマスが(性格上満面ではないだろうが)笑顔を浮かべて演奏している姿が思い浮かぶようだ。ペイヴメントのリユニオンや前作で、自身のこれまでのキャリアにケリをつけたマルクマス。ここにきてようやっと、素直に音楽を作れたんじゃないだろうか?そんな想像が膨らむ音楽だ。

…続きを読む

     

タグ: 14年 40分台

Stephen Malkmus & the Jicks / Wig Out at Jagbags (2014) 全曲一言


01. Planetary Motion
ポップかはともかく、キャッチーとは言いがたい、捻くれた、何とも言えない音で開幕。6拍子と4拍子、更には5拍子をも行き来しながら、こちらに尻尾を掴ませず曲が進んでいく感じがソロ以降のマルクマス節。

02. The Janitor Revealed
まったりロック、気怠いグルーヴがベテランの味わい。この曲も簡単に4/4では進んでくれません。間奏のフレーズがナイススパイスなんだなぁ。

03. Lariat
リードトラックで、どこか間抜けな感じを漂わせた、非常に「らしい」出来のポップンロール。今作の人気曲だと思われます。自分も大好きです。こういう曲書かせたらマルクマスはホント強い。イントロリフ、ドゥードリッ・ティ~ン「・」の間が最高です。一曲で謎の起承転結を感じるあたりはソロ一作目のJenny and the Ess-Dogにも通じるかも

…続きを読む

     

タグ: 全曲一言感想づけ

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 感想記事まとめ

thee.jpg

昔のミッシェルガンエレファント感想記事の簡易まとめ。いつかアーティスト記事が完成するまで…

cult grass stars (1996) 
★★★★

High time (1996) 
★★★★★

Chicken Zombies (1997)
★★★★★

GEAR BLUES (1998)
★★★★☆

CASANOVA SNAKE (2000)
★★★★

Rodeo Tandem Beat Spector (2001)
★★★★

SABRINA HEAVEN (2003)
★★★



画像URL http://file.blog-nakano.diskunion.net/tumblr_mg865kQXb21s1be0yo1_500.jpg      
プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter