スピッツ 全フルアルバム感想 -後期(現在)-

スピッツの全フルアルバムを、(独断で)初期・中期・後期と分けて振り返ります。
中期②についてはこちらからどうぞ。
曲の色付けは赤太字(名曲)赤字(大好きな曲)太字(良曲)みたいな感じで、下線曲が作品の個人的ベストトラックです。
SPITZ_2010-min.jpg2007


後期(現在)
後期(現在)は「スーベニア」「さざなみCD」「とげまる」「小さな生き物」の4作(以下キャリアの続く限り……)です。個人的に、これ以前のスピッツの曲には「懐かしさ」を、ここからのスピッツには「今」「00年代J-POP」的な響きを感じます。それは勿論自分の年齢的な刷り込みもありますが、アレンジ面でも時代を意識した(カウンター含む)音作りが目立っている。一方、前作までで高められてきたそのバンドサウンドは既に「完成」といっていい成熟っぷりを見せており、その分後期作品に面白みや刺激は少ない。「ここらへんで離れてしまった」という人も多いかもしれません。しかしそうした盤石の態勢から良曲を生み出し続けていく様はひたすら頼もしく、彼らが活動するに十分な魅力を放っています。キーワードは「日常に寄り添うようなグッドポップス」。聴いてると少し日常が楽しくなるような。それが正しく今もスピッツが活動を続けている理由だと、自分は思っています。詳しくは「小さな生き物」 にて。

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

SPOONについて~AOR・音響派をへてモダンとなる60s90sロック

USインディから渋くヒットを飛ばしている、SPOONが新譜をリリースしました。

They Want My Soul [解説・歌詞対訳 / 国内盤] (MGNF1010)They Want My Soul [解説・歌詞対訳 / 国内盤] (MGNF1010)
(2014/08/06)
SPOON、スプーン 他

ちょっとらしくないジャケかな

自分もさっそく買って聴いていますが、う~ん素晴らしい内容です。全米4位というスマッシュヒットを記録した前作から4年ぶり、中々長めのスパンでしたが、人気衰えず全米初登場4位を記録。彼らの確固たる人気はまだまだ揺るがなそう。今回はそんなSPOONについて、特集というほどではありませんが、紹介記事を書こうと思います。

Spoon.jpg
http://www.mxdwn.com/2014/03/11/news/spoon-teases-new-album/

…続きを読む

     

タグ: アーティスト紹介記事

北海道からフジロックに行くための交通費はどれ位?

FujiGreenStage.jpg
フジロック・フェスティバル - Wikipediaより

この記事は、
北海道在住で、「フジロックに行ってみたいなぁ」と考えている方に向けて書きます。というのは、今回自分が初めてフジに参加するにあたって、「どれくらいお金がかかるのかな?」ということが全然イメージできなかったからです。心ある人の支えの中でなんとか行って帰ってこれたわけですが、そんなこんなの苦労と工夫をここに書いておきます。宿泊費などは人それぞれでしょうが、会場までの交通費はそんなに変わらないはず…ということで、この記事が誰かの参考になる事を願って。

とりあえずまずは参考になるであろう、外部リンクを貼っておきます。 

FUJIROCKERS.ORG '07 北海道フジロッカーズ座談会「はじめてのフジロック」
金銭的なお話などは出てこないのですが、この言葉は北海道-フジへの基本概念かもしれません。。

「北海道からフジに行くには、一度東京まで飛行機で行ってから新幹線で向かうか(最短時間パターン)、17時間かけて小樽ー新潟港のフェリーで行くか(最安値パターン)ですものね。いずれにせよ、ハードルは高い。」


こちらの旅行記も、行きがイメージしやすいかも。新千歳空港→新潟空港→新潟駅(新幹線)→苗場という経路。
FUJI ROCK FESTIVAL '13 前夜祭: 富士山

あとは、北海道からフジロックへ行く人があつまるコミュニティもあるようですね。

では本題に入っていきましょう。
北海道からフジロックに行く方法は大きく分けて3種類あるようです。
1.飛行機で東京へ→新幹線で越後湯沢に向かう(最短時間)
2.飛行機で新潟空港へ→新幹線で越後湯沢(1と3の中間)
3.小樽からフェリーで新潟港へ→新幹線で略(最安値)


とりあえず海を越えて、新潟あるいは東京に着ければ新幹線で越後湯沢にたどり着ける。越後湯沢からは無料シャトルバスが出ているので、越後湯沢まで行ければ会場までたどり着けます。目指すは越後湯沢。

それでは自分の(フジロック14年における)経験談に入っていきます。
そして最後に、3ルートの消費金額をまとめますね。

…続きを読む

     

FUJI ROCK FESTIVAL'14 7/27(SUNDAY) 感想②

こんばんわ。世間はもうサマソニやらに話題が移ってしまいましたが、引き続きフジの感想日記を更新していきます。PHONE TONES、downy、OWEN PALLETを取り上げた前回の記事はこちらからどうぞ。
FUJI ROCK FESTIVAL'14 7/27(SUNDAY) 感想①

今回はTHE PAINS OF BEING PURE AT HEART、THE STRYPES、(THE King ALL STARS)、THE FLAMING LIPS、???と書いて、シメたいと思います。

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter