Prince Album Review, Pt.1 初期① For you / Prince ~

前回、後追いの自分が聴いてきた、Princeのことという記事で書いたように、今回からはアルバムについて書いていきたいと思う。Part 1は、デビュー作である『For you 』と、2nd『Prince』。個人的には「この後」に思い入れがあるものの、まずは彼の初期からゆっくりと。
この2枚における、自己紹介として見せつけた現在にも続く音楽性と、その後立ち戻ることはなかったヒット路線、そしてアルバムのまとめ方。キャリア全体を俯瞰できる今、より面白い時期かもしれない。音としても、80年代よりこの時期の方が2016年の今としては馴染みやすく思う。

※ちなみに1st以前の活動として、別バンドに参加していた時のアルバムが残されているようです。デビューまでの詳しい経緯は、西寺郷太さんの『プリンス論』が分かりやすかったので、ぜひ。


それでは。

…続きを読む

     

後追いの自分が聴いてきた、Princeのこと

Princeが逝去した。2016年4月21日、享年57歳。数日前まではまさにツアー中であり、この2年間でもフルアルバムを4枚(!)リリース済み。相変わらずのワーカホリックぶりに加え、届けられる音源から伝わってくる充実した創作活動。本当に誰も、こんな日が、このタイミングで来るとは思っていなかった。そのニュースは世界を駆け巡り、すぐに多くの著名人、ミュージシャンが彼の功績を讃え、追悼の句を寄せた。
[追悼] 世界的な歌手 プリンス死去 - NAVER まとめ

この訃報からもう1カ月がたつ。自分はPrinceに関して往年のファンではなく、完全に後追いだ。彼の予測不能な活動を昔からずっと楽しみにしていた方々の悲しみは計り知れない。スターの宿命ではあるものの、その訃報からの世俗的な動きには何とも言えない気持ちになってしまう。遺産相続問題に未発表音源の行方、ゴシップまじりの死因究明…とにかく慌ただしいが、まずは彼の音楽、遺してくれたものをもう一度、少しずつ振り返っていきたいと漠然と思っている。

これはいつもみたいな紹介記事でも、追悼記事でもなくて、個人的なメモ書きみたいなものだ。自分は前まで、Princeはむしろ「嫌いなアーティスト」だった。それは単純にインディ・オルタナ好きからくる80sスターへの適当な悪印象だったり、ファンクに興味をもって初めて手にしたPrinceのアルバムを聴いたときの、音のチープさ、ひたすらクエスチョンマークと違和感しかなかった初印象のせいでもある。そこから彼のライブパフォーマンスの凄さを知り、「アルバムの音が苦手」に格上げされた後、あるアルバムを聴いてパーンと大ファンになってしまい、今に至っている。そこで、自分はこの人の”何”に魅力を感じたのか、どんな聴き方をしてたかとか、自分にとっての、後追いの現在進行形をまとめておきたいと思った。

今回はその前段として、Princeを聴いていて、常々感じていた二つのことを書きたい。


…続きを読む

     

翻訳夜話 / 村上春樹・柴田元幸(2000) 感想

TransTalkBook.jpg
翻訳夜話 (文春新書)

「翻訳夜話」という本を読んだ。内容はそのタイトル通りのもので、「東京大学の柴田教室と翻訳学校の生徒、さらに6人の中堅翻訳家という、異なる聴衆(参加者)に向けて行った3回のフォーラムの記録」を収めた内容となっている。

フォーラム1とフォーラム2で村上春樹・柴田元幸の両氏が語る、「翻訳」という作業の面白さ、難しさ、思い描く「理想の翻訳像」、しいてはそこに見えてくる訳者自身の視点、こだわり、哲学…つまり自我。リラックスした講義室で語られるそうした話は、「夜話」というには底知れない、とても興味深いものだった。また、本書には両氏がそれぞれ同じ作品を翻訳するという試みも収録されており、それを基に実際の翻訳家たちが意見を交わし合うフォーラム3では、今まで深く考えたことのなかったような話題が沢山でてきて、こちらも単純に面白い。旅行前にブックオフ100円コーナーでひょいと手にした一冊だったが、良い買い物だった。

今回は、読んでて印象に残った、引っかかった部分を、いつもの感想記事のノリでサーっと記事にメモしておこうと思う。それでは。

1.完璧にはたどり着けない「翻訳」を支えるもの
2.翻訳の「賞味期限」
3.村上春樹がいうところの「グルーヴ」にツッコむ
4.自分を語るな、他(者)との距離を語れ

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter