FUJI ROCK 2016で見たKamasi Washingtonが最高だった 感想

フジロック2016に行ってきました。そこで見たライブの所感はこれからゆっくり記事にしてしていこうと思うのですが、何よりまず、最終日Field of Heavenステージのトリを務めたKamasi Washington。タイトル通り最終的には「最高だった」で終わりなのですが、もう少し踏み込んで、一体どんなライブだったのか、書き残しておきたいと思います。

記事の内容
・カマシ・ワシントンと「THE EPIC」について
・ライブの全容
・演奏メンバーについて
・バンドとしてのハイライト



当日の模様に入る前に、まずは簡単に紹介を。カマシ・ワシントンについては、WIREDのインタビュー記事をどうぞ。
ケンドリック・ラマーもFly-LoもSnoopも絶賛! カマシ・ワシントンと甦るウェストコーストの黒いジャズ|WIRED.jp

彼が2015年に初のバンドリーダー作として発表したのが、3枚組(!)という超大作『The Epic』。そのボリュームともさることながら、「宇宙的」とも形容された交響曲スケールのサウンド、ブレイクビーツ的アイデアも見せる強烈なツインドラムス、それに圧されない各ソロパートのスリリングな駆け引き……加えてクラシカルなボーカル曲(これがまた抜群)を含む自由な構成、何よりカマシ自身の天を衝くようなテナー・サックスフォン。トータル173分という時間に尋常でない熱量とソウルを込めたアルバムでした。下のブログ記事も面白かったです。1970年代から始まり、MM誌の引用でドラムンベースやJ・ディラ、ケンドリック・ラマーまで登場していくこのスペクタクルよ……。音楽の醍醐味ですね。
しろくま通信: カマシ・ワシントンの続き(その5:これでおしまい)

ともかく、普段ジャズにほとんど関心を示さない(特に新譜情報なんてほぼ気にしない)自分のようなロック寄りリスナーにも、音楽メディア、Twitterなどからその存在感は伝わってきた。そうして軽い気持ちから今年手に取り再生した一曲目の「Change of the Guard」、飲み込まれるようなその演奏に打ちのめされ。そこに決まったフジロックへの出演、「これは絶対見なければ」と、思い入れ深いレッチリのライブ序盤を捨て、ヘブンステージに向かったのでした。

…続きを読む

     

タグ: 16年

Sonic Youth / NYC Ghosts & Flowers (2000)


このジャケットは最高。今作のモチーフである「ビート・ジェネレーション」の代表的作家、ウィリアム・S・バロウズの作品となっている(別サイトさんの記事参考)。

太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
1. Free City Rhymes  7:32
2. Renegade Princess  5:49
3. Nevermind (What Was It Anyway)  5:37
4. Small Flowers Crack Concrete  5:12
5. Side2Side  3:34
6. StreamXSonik Subway  2:51
7. NYC Ghosts & Flowers  7:52
8. Lightnin  3:51

Total length : 42:18

"Confusion is Next"?
Confusion is next」、「Chaos is the future. And beyond it is freedom (混沌こそ未来、そしてその彼方に自由が)」とは、1983年にソニック・ユースが示したスタイルだ。「世の中には多くの軋轢・断絶、相容れない共存関係(カオス)があるが、逆に、そこにこそあらゆる可能性が在るのだ」……というのは自分の勝手な解釈だが、この歌詞がとても好きで、実際、意識的か否か、SONIC YOUTHはそれを間接的に体現してきた。華々しい80sのさなか、その真逆の存在である単なる音楽フリーク4人がポスト・パンクっぽくノイズを延々鳴らし続けていたらインディシーンの礎となり、90sにはアンダーグラウンドとメインストリームの転覆を起こすキッカケにまでなった。そんなことが起こりえるのだ。この一節はどんな現実にも向かい合える、力強い指針だと思う。そして00sへ。自分は後期(2000年~)ソニック・ユースの、NYを見つめなおすことで急速に自身の音楽性を洗練させていく流れがとても好きで、その口火を切ったのが今作である。通算11作目、2000年発表の『NYC Ghosts & Flowers』。
 
 

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter