Arto Lindsay / Cuidado Madame (2017) 感想  ノーウェーブ、ブラジル音楽の証人が立ち会わせた2017年


タイトルはブラジルのニューシネマ映画から、アートワークはタイの現代美術家からとのこと。国内盤のライナーノーツは人名、単語の解説が参考になりました。

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Grain By Grain
02. Each To Each
03. Ilha Dos Prazeres
04. Tangles
05. Deck
06. Vao Queimar Ou Botando Pra Dancar
07. Seu Pai
08. Arto Vs Arto
09. Uncrossed
10. Unpair
11. Pele De Perto
12. Nobody Standing In That Door (Bonus Track)

Total length : 42:11


…続きを読む

     

タグ: 17年 傑作 40分台

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter