My bloody Valentine / m b v (2013) 感想


MBVMBV
(2013/03/04)
My Bloody Valentine

商品詳細を見る
ついにジャケからは何が映ってるのか殆ど分からなくなってしまった…今作の音楽性をよくあらわしてるのでは。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. She Found Now – 5:06
02. Only Tomorrow – 6:22
03. Who Sees You – 6:12
04. Is This and Yes – 5:07
05. If I Am – 3:54
06. New You – 4:59
07. In Another Way – 5:31
08. Nothing Is – 3:34
09. Wonder 2 – 5:52

Total Length 46:37

総評・★★★★
極限まで輪郭をぼかした音像、実体の無い音に浸れるか
22年ぶり(アホか)にようやく、本当にやっとのことリリースされたマイブラの第3作。こんだけ待たせたくせに、リマスタ再発の熱がギリギリ冷めやらぬ中突然の発表というのが実に憎らしかった。
「ラブレスを出したマイブラ」あの頃まんまのその音世界
音楽性はもう笑えるくらいに変わっていない。色んな人が言うように、あの頃にタイムスリップしたように錯覚させられるほどだ。ここ数年前からよくある、バカでかくバッキバキな録音と違い、アナログ感感じる小音量での録音だから余計にそう感じる。最新性ほぼゼロ。まるで化石でも発掘したかのような作品だ。

ほとんど雰囲気音楽である
ただ「変わっていない」と言ってもやっぱりそれは表面上の話で、雰囲気以外に目を向ければ結構前作とは違う。まず真っ先に目につくのが、フレーズらしいフレーズがほとんど見当たらない事。前作の人気曲には大体全部印象的な音とメロディが放り込まれていたが、今作で聞こえるのはボーカルメロディとワングワンうなる背景色なギターサウンドばかりで、リードサウンド的要素がほぼない。捉え方次第とはいえ、これは結構な人にとって残念な要素なんじゃないかなぁ。良く言えば「アンビエント感がました」、悪く言えば「雰囲気でごまかした」。どうとるかは人それぞれ。とにかくより雰囲気音楽になったのは間違いない。 やたら不明瞭の録音といい、あの頃の神秘的なヴェールは脱がず・今には迎合せずって感じを受ける。それをクールとするかどう見るか?

世界観は健在、さてその魅力はどうか
とにもかくにも、「ラブレス」で見せた唯一無二の世界観はバリバリ健在のアルバムだ。ただし、キラーフレーズなどがないことから今作はその世界に入り込む入口が見当たらない。だから前作がアルバムの世界に入り込んで聴き入る作品だったとしたら、今作はその世界にそっと寄り添うといった感じ。そういう意味で「世界を染めていく」って感じが印象としては近いかな、と思う。とりあえず、音楽を掴もうとしても空気しか無いのは致命的で、さらに音質も大して良くないのが不評に拍車をかけている気がする。潜ろうとしてはいけない。そっと隣に置いておくのがベストでは。いや、無理に好きになる必要なんて一切ないんですが…。

終盤の新機軸は、まだまだ未知数な感じ
逆に新しい感触が在るのは終盤(7以降)のドラムンベース少し混じった路線。昔ケヴィンの言ってたところのボツ作の名残だろうが、この路線はうーん、どうなんだろうか。とりあえずトラック8はいわゆる「捨て曲」扱いやむなしの一曲だと思う。でも反対にトラック9は凄く面白いのだ。地面を駆けずり回るようなドラムンベースの上空で謎のノイズサウンドが鳴り響く中、その狭間で不明瞭なボーカルが揺れるという怪曲なのだが、新感覚すぎて面白いのなんの…。こういう謎曲は大歓迎。
次回作ではこういう路線を期待したい…と言えたらいいのだが次回作?そんなん発売されんのか…。

完全に焼き増しじゃねーか!とか思いつつも結局何回もリピートしちゃうようなそんなアルバム。ジャケットどおり、何も頭の中の考えがまとまらないようなときにふと流すと良いと思います。

試聴用の動画はこちら
tr2 http://www.youtube.com/watch?v=y2FQ3ih0MoE
tr9 http://www.youtube.com/watch?v=pWyRfqfEC2s

次作は奇跡を待つ
前作(Loveless)へ飛ぶ
アーティストページへ戻る
     

タグ: 13年 40分台

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter