Fugazi / Reapeter (1990) 感想


Repeater & 3 SongsRepeater & 3 Songs
(1990/05/03)
Fugazi

商品詳細を見る
タイトルは「暗唱者」「連発銃」「常習犯」「循環小数」「中継器」などの意味があるそうですが、さて真意は。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Turnover - 4:16
02. Repeater - 3:01
03. Brendan #1 - 2:32
04. Merchandise - 2:59
05. Blueprint - 3:52
06. Sieve-Fisted Find - 3:24
07. Greed - 1:47
08. Two Beats Off - 3:28
09. Styrofoam - 2:34
10. Reprovisional - 2:18
11. Shut the Door - 4:49

Bonus tracks on Repeater + 3 Songs
12. Song #1 - 2:54 
13. Joe #1 - 3:01
14. Break-In - 1:33

全曲レビューへ飛ぶ
Total length 42:29(ボートラ込)

総評・★★★★★
卓越した緊張感から繰り出される、聴き手を叩きのめすような圧倒的演奏

13songsは編集版ということで、とりあえず初のフルアルバムとなるのが今作、REPEATER。ポッと出でなく、既にキャリアを積んだバンドのファーストとあって、本当に力の入った傑作だと思う。凡百ロックバンドに聴かせてやりたいくらい熱く、タフな曲が並んでいる。んで、録音がまた素晴らしい。音響とかそういうんじゃない、これがロックバンドだろ!って音。…前のアルバムといい、フガジのアルバムには全部この形容がつくだろうけどしょうがないね。
このアルバムが人気な理由の一つに、やっぱり最初と最後の曲が飛びぬけて素晴らしいってのはあるんじゃないかな。正直自分としては、色々やってはいるものの基本的にはまだハードコアということもあり、毎度中盤は疲れてくるんだけど、それでも勢いで聴けちゃう。にしてもこのアルバムボートラ抜かすと本編35分なのか。密度こすぎて…というか聴くのに体力使いすぎて全然短く感じないな。

全体の聴きどころは勿論バンド演奏だけども、特にリズム隊のセンスの良さが凄い。ベースとドラムやってる人は是非色々参考にしてほしい。そういう所ふくめて、ロックに対する姿勢が変わる一作かも。とりあえず90年代ロックを聴くなら欠かせない一枚といっていいでしょう。…あんまり真摯にバンドやられると、内容ある事書けなくなるのが歯がゆいんですが、とにかく多くの人に聴いてほしいアルバムですね。ロックとしてストレートにカッコいいフガジとしてはこれが最高傑作でしょう。

宣伝用の動画はこちら
tr1. http://www.youtube.com/watch?v=LFlUFwbWXEs
とにかく大好きな一曲。ボルテージ上がってく後半の展開がホント堪らん。ロックバンドって格好いいよね。
tr2. http://www.youtube.com/watch?v=nVCMLWtVN5E
CAN並に素晴らしいリズム隊。またギターノイズのかかり具合も絶妙。そこからポップに弾ける展開のセンス!

次作(Steady diet of nothing)へ飛ぶ
前作(13songs)へ飛ぶ
     

タグ: 90s 30分台 傑作 バンドマンへ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter