GRAPEVINE / Lifetime (1999) 感想


LifetimeLifetime
(1999/05/19)
GRAPEVINE

商品詳細を見る
この頃のバインのアルバムは尼なら中古1円・ブックオフに高確率で250円と非常にお買い得なのでオススメ

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. いけすかない (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
02. スロウ (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
03. SUN (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
04. 光について (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
05. RUBBERGIRL (作曲:田中和将)
06. Lifework (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
07. 25 (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
08. 青い魚 (作詞/作曲:金延幸子)
09. RUGGERGIRL No.8 (作曲:田中和将)
10. 白日 (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
11. 大人(NOBODY NOBODY) (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
12. 望みの彼方 (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
13. HOPE(軽め) (作詞/作曲:田中和将)

Total length ; 53:21

総評・★★★★
実力派の本格派バンドの面目如実、ただちょっと散漫な印象も

今作は「スロウ」と「光について」につられた自分が初めてグレープバインに触れた作品です。尼で中古1円という格安っぷりに「この音楽が!?」と驚きながら躊躇いなく購入したのを記憶しています。しかし、お目当ての曲は最高だったものの、当時「全体的にはイマイチだな」という印象を抱いたまま放置していました。それから色々あってアルバム全部そろえる大ファンになってしまったのですが、いや、よくここまで好きになったなと不思議に思います。

私事はここまでにして、アルバムの中身にはいっていきましょう。ファーストアルバムでその実力とキャッチーなくせさりげなく渋い音楽性、そしてやたらイケボで人気出そうな田中氏のボーカルという中々歪な組み合わせで期待の新人として出てきたバイン。その期待に見事こたえ最大のヒットを飛ばしたのが今作です。
基本的に路線は前作と一緒ですが、今作は「音楽性を広げて行こう」という事なのか所々に変な曲が入っています。元々8ビート専門なんてレベルのバンドじゃないので何やらしても器用にまとめてくるのですが、次作以降の充実っぷりを見ると、今作ではまだ「こんなんも出来るよ」という自己紹介に留まっている気がします。今もそんな感じで聞いてしまうので、バインの中では個人的に聴く回数が少ないアルバムです。 今聴くとレベルが高いってのは物凄く分かるんですが、やっぱりまだ覚醒前感がある感じ。この頃からボーカルも上手いんですが、なんとなくイケメン感というか、曲タイトルを借りれば「いけすかない」感が強い気が。これはこれでカッコイイんですが(白日や望みの彼方はこの歌唱だから良い)、軟派と受け取られてしまう声かもしれません。

とはいえ「この曲はヤバい」というのも沢山あるのが今作の欠かせない要素であり、ファン人気の高い2.4.10.12あたりは名曲待ったなしの出来栄えとなっています。今だともう、良い意味でここまで「狙った」様な曲は書いてくれないと思うので、そういう意味でも貴重な曲たちかと。ここらへんの曲を聴くためだけに買っても一切損はないと思います。特に2と4は洋楽っぽいセンスにバリ邦楽なサビメロを絡めた12はこれぞバインな歌詞と音世界を見せる屈指の名曲ですので必聴。

とにかく安いし押さえるべき名曲も入ってるし、ブックオフに行けば大抵置いてあるという事でここから入るのも良いと思いますが、なんとなく初期(今作含み、サーキュレーター辺りまで)は洋楽ルーツのJ-ROCK、中期(sign位まで)は邦楽ルーツの洋楽、後期(最新作まで)は完全に自分たちの世界を切り開いちゃった感があるので、今作だけ聴いてピンとこなくても他の時期の作品を聴けばピンと来るかもしれません。今作だけで判断するのは勿体ないのは断言します。

視聴用の動画はこちら

光について。名イントロすぎる。聴けば聴くほど切ない
白日(LIVE)。熱いロック。もう多分二度と書いてくれない路線の曲
スロウ。最大ヒット曲。聴けば聴くほど深い

次作(here)へ飛ぶ
前作(退屈の花)へ飛ぶ
     

タグ: 50分台

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter