GRAPEVINE / 愚かな者の語ること (2013) 感想


愚かな者の語ること [通常盤]愚かな者の語ること [通常盤]
(2013/04/24)
GRAPEVINE

商品詳細を見る
意気揚々と良く見もせず限定版を買った自分はまさかの「アナログサイズCD仕様」というイレギュラーっぷりに見事やられて収納に困った(そしてアナログ盤カッコよくね?と泥沼に誘われかけた)ので通常盤をココには載せます

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. 無心の歌  4:24
02. 1977  3:54
03. コヨーテ   4:03
04. なしくずしの愛   4:51
05. われら  5:17
06. 迷信  5:09
07. うわばみ   3:55
08. 太陽と銃声  4:14
09. 片側一車線の夢   4:17
10. 虎を放つ  4:57

全曲一言感想へ飛ぶ
Total length : 45:05

総評・★★★★
やりたい事と聴きやすさのバランスを上手くとった佳作
wikiを見るに今年がちょうど活動20周年にあたるグレープバイン結成12枚目のアルバムが今作「愚かな者の語ること」。ミニアルバムを挟んだとはいえ、前作から2年3カ月というインターバルはキャリアで最長だったらしい。たかが二年ちょいが最長というのも割と凄い気がするな…。とにもかくにも全曲ローマ字タイトルだったりと意欲作だったMISOGI、メジャー15周年記念のベストアルバムのリリースと色々あった中、「イデアの水槽」以来のセルフプロデュースファン的には色々注目の新作だったのだ。

ベテランらしい安定感に、バンドの深化を加えて
GRAPEVINEは邦楽界で自分が最も信頼するバンドだ。彼らの音楽は本当に良い。自分たちのバックグラウンドを全部見据えたうえで、独自の音楽を突き詰めていくような創作姿勢、とても理想的なバンドスタイルだと思う。前々作のTwangs→真昼の~と、突き詰めすぎてある種閉鎖的な音楽にまで行ってしまうのかと危惧したけれども、意識的なのかどうか、そうなりはせず今作は割とJ-POP的なキャッチーなメロ要素も戻ってきて、そこそこ聴きやすい作品となったと思う。各楽曲については上のリンクに置いとくとして、全体的に曲密度があってもメロが映えていてコンパクトなのがとても嬉しい。特に前半5曲はバインの個性と味をギュッと濃縮したような最高の流れを見せてくれる。

これからも期待させるような頼もしい力作
こういうベテランバンドの力作が大好きだ。肩肘を無駄に張らずに、余裕を持った上でスキがないというツワモノっぷり。雰囲気としてはhere + déraciné + 最近の流れをSignっぽくまとめた感じかな。「最近バイン聞いてないなー」という方にもこれ良いアルバムだぜ、久々にどうよ?と自信持って勧められる作品だと思う。このバンドはこれからもまだまだ、良い作品を届ファンに届けていってくれそうだ。


視聴用の動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=XbgdjKQdRXw&feature=share&list=PLyOg2Z12L928C4Nz4h_MoUjybb9PKqZeR
1977→なしくずしの愛→われら


初回特典について
通常盤にはついてないが、初回盤についてるDVDはNHKホールでのライブ映像約60分に1977のレコーディングセッション20分と盛りだくさんの内容。ライブ映像は若干田中が不調臭もするも(特に序盤)エウテリアなど流石のクオリティを見せてくれる。レコーディングドキュメントは興味あるかないかわかれるところだと思うが、個人的にこういうの大好きなのでとても楽しめた。やっぱプロって凄いんだなと、いや当たり前だけども。…やっぱ初回盤のほうがいいかな。再リンク。CDの棚に一緒に並べられない覚悟ができた人はコッチをどうぞ

愚かな者の語ること [初回限定盤](アナログ盤LPレコード・ジャケット仕様)愚かな者の語ること [初回限定盤](アナログ盤LPレコード・ジャケット仕様)
(2013/04/24)
GRAPEVINE

商品詳細を見る

とにかくグレープバインはまだまだ全然生きてるバンドなんで昔聴いてた人はまた聞き直すべき。広がれバインの輪。
     

タグ: 13年 40分台 秀作 まとまり

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter