PAVEMENT / Terror Twilight (1999) 感想


テラー・トワイライトテラー・トワイライト
(2010/02/24)
ペイヴメント

商品詳細を見る
なんともいわず幻惑的なジャケット。らしいような、らしくないような。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Spit on a Stranger – 3:04
02. Folk Jam – 3:34
03. You Are a Light – 3:54
04. Cream of Gold – 3:47
05. Major Leagues – 3:24
06. Platform Blues – 4:42
07. Ann Don't Cry – 4:09
08. Billie – 3:44
09. Speak, See, Remember – 4:19
10. The Hexx – 5:39
11. Carrot Rope – 3:52

Total length : 44:08

総評・★★★★★
ついに本気を見せたマルクマス、突き詰めた先にあったものとは

ペイヴメントもついに最終作。「4作目の時点でもう限界だった」(マルクマス談)と、バンドとしての行き詰まりを感じていたペイヴメント。初めて大々的に「プロデューサー」を導入(しかも起用したのは、当時OK COMPUTER等で一気に名声を高めていたナイジェルゴッドリッチ)、やる曲を決めての集中レコーディング、2日や一週間ではない、半年ほどの製作期間。かつてない力を込めて練り上げられたのが、今作「テラー・トワイライト」(なんて素晴らしいタイトルだ!)である。
 
この作品は、ファーストを聴いて抱かれるペイヴメントに対してのイメージのほとんどを有していない。第一に最早ローファイでないし(むしろ音の豊かさは舌を巻く程だ)第二に演奏が割としっかりしている。初期衝動ではない、アルバムを積み重ねてきたからこその、ペイヴメント独自のグルーヴが鳴らされているのが分かる。歌詞からも露骨な皮肉も消えた。とにかく一言でいうと、これはクルーキッドレインではないのだ。

じゃあ今までとは全く違う作品なのかといえば、そうではない。今作は彼らが初めて追い詰められ、真剣に突き詰めながら制作されたアルバムのように思う。生半可なものでは作る意味がない。かといってもう、皮肉に走って事なきを得る事も出来ない。そんな八方ふさがりの状況の中で彼らが選んだ道は、自身の音楽性の根っこを突き詰める事だった。

このアルバムには、とにかく素晴らしいメロディが並んでいる。今までのペイヴメントではないかもしれないが、ここには確かにペイヴメントが鳴っている。良いメロディを書き、良いアレンジを施し、寄り添わせる。そんな普通のアルバムが、これまでの普通でない4作の経験を経たことによって、独自の個性を持って生まれたのがテラートワイライトだ。単純にとても良く、そしてこのバンドにしか作れなかったであろう作品である。

楽曲のノリはより古典的なものになっており、マルクマスの根底にあるルーツ志向が見えてくる所。その上でバンドとしての個性を保っているのが凄い。「ナイジェルが居るから、この作品だけ明らかにカラーが違う」という意見もあるが、アルバム全体の方向性を決めたのはあくまでもペイヴメントだったのではないか。その方針の下、ナイジェルが最上級の仕事を果たした…という流れなのでは。限界の中突き詰めた先にあったのは、今まで培ってきた「ペイヴメント」という個性だったわけで、ナイジェルはそこを見事にサポートし切ったんだと思う。

バンドは今作をもって解散となった。「ちょっとバンドやろうぜ」から始まり、まさかの注目を集めてしまい、時にポップに、時にシニカルにメジャーシーンの悪意を掻い潜ってきた彼らの旅路も、ここで終了だ。どんな軌跡にせよ、最後までこのバンドは停滞することなく素晴らしい作品を作り続けた。今作は、そんな尊敬できるバンドが最後に何とかこしらえた、最高のラストアルバムだと確信している。

でも、マイナー調の大作The hexxの後に来る、驚くほどアッサリとした最終曲キャロットロープのアウトロは何故かどうしても泣けてくるのであえて星に赤はつけない。お疲れさまでした。

視聴用の動画はこちら

Spit on stranger→you are a light→carrot rope
どれも良いメロディ。割といつも通りでちょっとコミカルなノリなのに、何故キャロットロープのフェードアウトはこうも涙を誘うのか。いや、むしろここまでの流れに反してとってつけたように、「あ、いつものペイヴメントだな」と思わせるような曲調だから泣けるのか。アウトロに響く、軋むような音のギターがまた…。


最後にもう一枚行きましょう。
 
次作というならばマルクマスのソロ。途切れながらも音楽は続くのだった…(ここで更新は止まっている)
前作(Brighten the corners)へ飛ぶ

PAVEMENT 全フルアルバム感想に戻る 

PAVEMENT バックグラウンド

PAVEMENT 音楽性から見る関連バンド

初めての、より深く知るPAVEMENTに飛ぶ
     

タグ: 90s 40分台 傑作 ラスト・アルバム

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter