Blankey Jet City / HARLEM JETS 全曲一言感想

01. SEA SIDE JET CITY
普通のロックンロール的に7thを鳴らしてるだけなのに、なぜか異常なまでのテンションを感じさせる、イントロからかっ飛ばしてくドライブチューン。このアルバムは全体的に浅井が相当適当即興的にギターを鳴らしてるが、この曲でも、合間合間にそれがよく出ている。特筆なのはサビのコード進行。 D7 Dm7 C#m7 C#7とか何事…。「愛しているとかいないとか どうでもいいぜそんな事柄」は、大量生産系のラブソングにぜひくらわしてやりたい一言。

02. CAMARO
全編とおして不協和音上等の、かなりのごり押しロック。しょっぱなのフィルインからギターが暴走している。間奏では、音も含めてもう…だがそれがカッコいいのだ。中盤でタンバリンが入るのだが、ここまでカッコよく響いてるタンバリンを自分は知らない。
余談だが、この記事打つまでずっと「C A M E R O」だと思ってた。まさかカマロだとは…。

03. ADVENTURE OF GOOFY
直録りしましたという感じの音から始まるベースの効いた曲。サビはベンジーお得意のフラットなテンション感で構成されている。この曲ではギターもさることながら歌詞がかなり適当感覚的。それでも歌いだし、「ココ↑ロのドアー」をカッコよく歌いこなせるのはベンジーだけだろう。

04. PANTERA
これまたお得意のEGAソング。全部浅井が音をとったそうな。かなり即興色が強いが、使い古されたこの進行からこのソロの響きを思いつくのは本当にすごいと思う。アルバムとしては箸やすめの一曲。

05. SALINGER
歌いやすいのか、最近またよくやりだしているロックチューン。 シンプルな構成にスピード感あいまって、ブランキー流パンクといった感じ。単純にかっこいいのでファンも多いであろうこの曲最大の貢献者は照井さん。屈強なベースが全てを支配している。

06. 不良の森
ファン人気も高い後期のブランキー最長11分の大作で、自分としても心に強く印象に残っている一曲。このアルバムはよく「バンドとしての世界観が崩壊している」と評されるが、この曲はブランキー…つまりこの3人でしか生まれえなかったんじゃないかな。シャーベッツだとバンド全体でここまで展開を引っ張れないと思う。浅井の繊細で張り詰めた世界観を、最後まで二人がよく支えている。長尺だが、展開の緩急やギターの変化などの工夫でそれをあまり感じさせなくしている所がベテランらしいかも。にしても本当に、「切ない」「やるせない」「張り詰めた」といった形容混ぜ合わせた様な独特の曲世界が凄い

07. SWEET DAYS
不良の森の次にBJC屈指のスーパーキャッチーソングであるコレが来るのは、狙ったとしか思えない。これがブランキーかと言われると全力で首を振りたくなるが、曲としては好き。(手癖感が凄いが)ギターソロも、印象的なベースワークも良い仕事をしている。

08. 動物実験撲滅ソング
さりげなくこれもかなり好きな一曲。不良の森よりは練られてない感があるものの、これもかなりの世界観。淡々とした展開から切り替わるドラミングが良い。

09. DERRINGER
tr5同様、単純にカッコイイ曲。わりと代表曲扱いされてる気がしないでもない。この曲は照井さんのウッドベースに尽きる。強靭。CDだとサビの音が盛り上げるためか多少作為的に感じるので、個人的にはライブバージョンの方が好き。…まぁ、ブランキーのアッパーチューンはライブが強すぎるだけなんだけども。サビ前の「ディスティニー」は卑怯なまでのカッコよさ。ただギターソロは勢いゴリ押しすぎるぜベンジー。

10. リス(STRIPヴァージョン)
浅井一人の弾き語り。これがかなり聴かせる一曲で、お気に入り。ベンジー特融の感情表現が良く表れていると思う。サビ前の、一瞬で雰囲気が変わって見える歌唱とか特に。こういう曲はシャーベッツが似合う気もするんだけど、個人的に何となくファーストアルバム位の浅井を感じるのでやっぱりこの曲はブランキーのアルバムに入るべき曲なのかな、とも思ったり。ただアルバムの流れとしては、次の曲にも前の曲にもつながってないように感じる気もする。

11. COME ON(ヴァージョン1)
純正ロック。単純明快。これだけのバンドを終わらすには、もうこういう曲しかなかったのかもしれない。この曲についても、解散についても、多くを語るべきではないだろう。「感じてる事 それが全てさ」
印象的なこの言葉とともに、BJCは解散した。

アルバムページへ戻る
     

タグ: 全曲一言感想づけ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter