Bloodthirsty butchers / yamane (2001) 感想


yamaneyamane
(2001/08/22)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る
クソジャケっぽいノリもあるけど個人的には割と良いんじゃないかという気がするジャケ

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
1. theme (2:02)
2. happy end (6:27)
3. nagisanite (7:06
4. no future (3:47)
5. kaze (5:40)
6. wagamama no hotori (6:38)
7. -100% (7:58)
8. 燃える,想い (7:01)
9. -100%No.2 (7:35)

Total length : 54:16

総評・★★★★
音の存在感、途方もないスケールの大きさに震える
Kokorono→未完成と完全にその評価を決定づけたブッチャーズが放ったのが今作yamane。シングルとしてはnagisanite / no futureがアルバムに先駆けてリリースされています。「音源全部持ってるぜ」みたいな大ファンではないのですが、他作品に比べると少し影が薄い、地味目な作品だと思います。自分も最初は「なんかよくわからないな…」というのが正直な感想だったのですが、最近ようやっとその魅力を自分なりに発見できたので記します。
 
とっつきやすい作品ではないが
端的に言ってこの作品は聴きやすい作品ではありません。そして中々一発で「凄く良いじゃん!」ともならない作品です。まず何と言っても疾走感のある曲が少ない。そして心奪われるようなわかりやすい轟音ノイズも少ない。このあたりが、「地味」「難解」という印象を与えてしまう所以なのではないかと。

バンドサウンドの在り方、その存在感が凄まじい
では何が魅力かというと、「その音の圧倒的なスケール感」だと思います。ストリングスなどの派手な装飾が全くないのに、今作のバンドサウンドは本当に音のスケールがバカでかい。特筆すべきはベースです。ブッチャーズでベース音が大きいのはいつもの事なんですが、今作においてベースはゴリゴリとしたフレーズを挟んでいません。(和音なども挟むものの)あくまで「ベース」として、いつも通りの大音量で図太くベースを弾いてる。これによりベースは「土台」という役割を超えて、「フィールド」みたいなものを曲に与えています。その上にいつもより一歩引いたドラム、いつになく抽象的なギターを奏でる吉村さんがその世界観を色づけている。そのだだっ広いサウンドは遅効性の劇薬のような印象で、聴きこむにつれその音の巨大さに打ち震えてきます。広い。濃い。そして深い。聴けば聴くほどとんでもないアルバムです。

轟音の塊、燃える、思い
ベストトラックは「燃える、思い」。「音の塊」という表現がツェッペリンのライナーノーツにありますが、この曲のバンドサウンドは「轟音の塊」です。等身大の大砲目の前からぶち込まれた様なそのサウンドにはノックアウト不可避。

唯一無二な音世界に浸ろう
爽快感や単純な破壊力がないので、確かにとっつきにくい作品ですが、その音世界は圧倒的。ロックファンなら触れておいて損はない音ではないかと。単純なロックじゃ決して鳴らない音世界此処にアリ。

視聴用の動画はこちら

燃える、思い→nagisanite(Live)
     

タグ: 50分台 秀作 まとまり

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter