THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / GEAR BLUES (1998) 感想


ギヤ・ブルーズギヤ・ブルーズ
(1998/11/25)
Thee michelle gun elephant

商品詳細を見る
ホントこの服装がよく似合うよなぁ。アルバムの内容も含めてひたすらカッコ良い。「ブルー」は正しい発音。

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. ウエスト・キャバレー・ドライブ  (5:28)
02. スモーキン・ビリー  (3:26)
03. サタニック・ブン・ブン・ヘッド  (2:52)
04. ドッグ・ウェイ  (3:18)
05. フリー・デビル・ジャム  (2:43)
06. キラー・ビーチ  (5:13)
07. ブライアン・ダウン  (4:48)
08. ホテル・ブロンコ  (1:44)
09. ギヴ・ザ・ガロン  (5:18)
10. G.W.D (3:55)
11. アッシュ  (3:36)
12. ソウル・ワープ  (4:17)
13. ボイルド・オイル  (4:12)
14. ダニー・ゴー  (4:56)

全曲一言感想へ飛ぶ
Total length : 55:47

総評・★★★★☆
新章開幕・ガレージロックひたすら叩きこむヘヴィな55分間
音楽ファンの間で邦ロックの名盤と言われ、TMGEの代表作とされるのが今作ギアブルーズ。前年にはフジロックフェスも始動、語りぐさとなった第二回のあのライブの後にリリースされました。動員もライブハウスの域を超えホールクラスへ、様々な伝説が創られたのもこの頃です。

音はカラッとした空気から泥臭い荒々しさへ
このアルバムから、TMGEは明確に鳴らす音を変えました。今までは切れ味鋭い刃物のようなキレた音だったのですが、今作からは鋭さに加え鈍器のような物理的な攻撃性を身に纏いだしています。一言で言うなら、「グランジに近づいた」という評が中々わかりやすいです。とにかく音に軽さがなくなった。全体的に皆GAINを一段階上げた印象で、チバの喉内歪みもオーバードライブからディストーションに鞍替え。今までの「青さ」は消え、スキもなくなってしまいました。自分としてはその部分が好きだったのでこの変化は手拍子で喜べないのですが、「カッコよくなった」のは疑いようがない感じです。ここからどんどん血走っていき、あの命を削るかのような鬼気迫るテンションになっていくんですよね…。
 
曲調はたった一つ「ロック」で十分
内容についてですが、もうひたすらにロック一本です。一本調子が何だと言わんばかりにひたすらロックをかき鳴らしていくその潔さ・説得力は異常。ただしロックンロールからは抜けてきて、より幅広く「ロック」を鳴らしています。どの曲も勢い、音の存在感と破格で、衝撃を受けるのも頷けるクオリティです。今作ではまず前半5曲が古典的コード展開(2はまた少し違いますが)で、その後は前作で台頭してきたコード進行メインの曲をおりまぜながら進行していくという構成になっています。特に6.7.10.14あたりの曲づくりはカサノバ以降の定番パターンです。

小細工はいらない、必要なのは自分たちが出せる最高の音だけ
にしてもこの直球一本具合はどうでしょう。勿論それぞれの楽曲に違う工夫が施されているのですが、小手先を一切使っていないこの感じ。自分たちのバンドサウンドにしっかりとした確信を持たなければ出来ないアルバム構成です。「これでいいんだ」と言わんばかりの演奏には叩きのめされるばかり。音の質感・55分という尺とともに、そこが自分には重すぎるので星を少し減らしてるのですが、凄いという感想は変わりません。(架空の)単語から歌詞をふくらませていくチバ流作詞スタイルもここがピークな気がします。

異論なき代表作だが、これだけのバンドではない
内容の充実っぷりを見ても、今作が彼らの代表作…あるいは最高傑作というのはよく分かります。ただ、「凄くカッコ良いんだけど重すぎる(あるいは一辺倒)かなぁ」と思った方は是非「ハイタイム」か「チキンゾンビーズ」のどちらかも聞いてみて欲しいところ。個人的にはこの3作がTMGEの到達点だと思います。ともかくも、彼らの旅はまだ続いていくのです。ターニングポイントを回ったTMGE、もう少しお付き合いください。


視聴用の動画はこちら

スモーキンビリー→G.W.D
今更すぎるけど本当凄い声してるよな…

次作(CASANOVA SNAKE)へ飛ぶ
前作(Chicken zombiez)へ飛ぶ
     

タグ: 50分台 傑作 有名作 まとまり

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter