GRAPEVINE / 退屈の花 全曲一言感想

01.  (作詞/作曲:田中和将)
色んな意味でバインらしい曲。そしてサビメロは非常に田中っぽい。この頃から歌詞が完成してるのが凄い。

02. 君を待つ間  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
亀井才能開花の一作。「会いたくないまま季節は変わり」「細部の愛撫も怠らぬように 大事な道具を壊さないように」 など色々言いつつ最後には「いつまでだって待ってるから」で締めるイケメン臭に嫉妬

03. 永遠の隙間  (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
西原さんはこういう足取りのしっかりしたメロディ書くのがうまいと思う。リズムに溜めがあるというか。歌詞の帰結が好き
 
04. 遠くの君へ  (作詞:田中和将/作曲:西川弘剛)
初期の隠れエース西川さん曲。歌詞に対してコシのすわったアレンジとテンポがよく似合っている。フト今作はラブソング多いなと思う。

05. 6/8  (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
タイトルどおりハチロク。やはりメロが良い。緩急のあるサビからして新人とは思えぬ。

06. カーブ  (作詞:田中和将/作曲:西原誠 編曲:GRAPEVINE)
大体全部の収録曲に言えるんだけどももうこういう曲を書く気はないんだろうな…。

07. 涙と身体  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨)
マイナー調。なんとなく後の「羽根」(サーキュレーター収録)であるとかいいたくなる曲。亀井メロの得意パターンなんだろうな。中々かっこいい空気が出ている。

08. そら  (作詞:田中和将/作曲:西原誠)
さわやかなはずなのに何処かドロっとしてる所あるのがバイン。これがファーストシングルというのも中々に謎だな…

09. 1&MORE  (作詞:田中和将/作曲:田中和将・西川弘剛)
ここに来てようやくのわかりやすいアップテンポ。もうアルバム終わるぞ!凄くポップな雰囲気なのにキャッチーになりきならいのもバイン。

10. 愁眠  (作詞/作曲:田中和将)
ファーストのくせに「これからやっていくぜ!」というより「もう到達したぜ」という感じがある最終曲。サビのメロディにどことなく漂う哀愁が好きだ。田中らしいメロだと思う

11. 熱の花  (作詞:田中和将/作曲:亀井亨) シークレットトラック
愁眠が終わった後すこし間をおいてからポロンとはいってる曲。意図は良くわからぬ。完成版はライブでやっていたとかなんとか。ググってもでてこなかったよ…。

アルバムページへ戻る
     

タグ: 全曲一言感想づけ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter