SEBASTIAN X LIVE:SEBASTIAN X / うみのて / 本棚のモヨコ / オトノエ (札幌コロニー) 2013/09/14感想

SEBASTIAN X LIVE出演バンドはSEBASTIAN X / うみのて / 本棚のモヨコ / オトノエ)at 札幌コロニーに参加してきました。どのバンドにも詳しくないのですが、知り合いが薦めたようなバンドもいるし、2500円だしで損はしない筈と乗り込みましたが、まぁ皆さん素敵なライブでした。ということで一つ簡単な記事を打とうと思います。それにしてもタイトル長いですね…。


オトノエ
札幌を拠点に活動するバンドらしく…公式サイトがこれか。ボーカルの方が特徴的な声をしているので覚えやすいです。結構意表をつくというか、「初見で簡単にノラせはしねぇぞ」的な(そんなこと無い?)展開を持つ曲が多かったんですが、どの曲にも凹凸がしっかりあったのでダレを感じずに聴けました。もう少し観客に寄った展開を見せてくれてもいいかなーなんて思いましたが、ソコは程よく突き放した距離感を保ちつつ今後も伸びていって欲しいバンドだなと。

本棚のモヨコ
うちのタワレコでも推されていた期待のホープ。今回のメンツの中ではぶっちぎりで一番キャッチーだったバンドで、とにかく曲がサラッと流れていく流れていく。流れすぎていく。雰囲気もよく、適度にポップでとまぁそこは良いのですが、もうちょっとリズムのキメやら何やらで流れを止めたり変化をつけたりしても面白いんじゃないかと思ってしまいました。好み…というか好きな音楽の方向性の違いなんでしょうね。でも「僕はクズの魔法使い」など頭にパーンと残るフレーズが結構あったのでキラーチューン作れれば一気に人気になる素質を秘めてそう…なんて。公式サイトはこちら。

うみのて
話題のバンド。前に聞いた時惹かれるモノがあったので自分としても気になる存在でした。今回見てみたらコレがとてもカッコ良いライブで大変大満足の出来栄え。久々に気持よくラウドなバンドの音に包まれた気がして幸せな気分になりました。ギターの他叫びまくるボーカルも強い存在感があり、鉄琴やピアニカも良い味付けだし、ドラムも気持ちいいし、一歩ひいたベースでバランスもとれてて良いバンドですね。シリアスな曲に対してすっとぼけたMCもギャップが魅力的。曲をこなしていくにつれ会場も盛り上がっていく様はやっぱりコチラとして気持ちがいいものです。また見に行きたい、応援したいなと思いました。
コレが一番好きだな。歌詞の乗り方も良い。
ただ勢いで買ったCDを聞くと、こちらではまだ力強く叫んでないみたいで少し残念。ライブとで使い分けているのか最近レベルアップしたのか知りませんが、激しい曲は向井ばりに叫び倒すあのテンションでボーカル録音してくれるとより好みです。このアルバムは今度さり気なく取り上げますね。今度ミニも出すみたいなのでそちらも期待。

SEBASTIAN X
リアルの知り合いの押し。うん、凄く良かったです。とにかく多幸感のあるパフォーマンスで、楽しそうに演奏するバンド、それを笑顔で見つめながらノる観客。中々に素晴らしい光景でした。やっぱりバンド演奏の楽しさをダイレクトにオーディエンスに届けられるバンドは素敵ですね。ポップな(先述のキャッチーとはまた違う意味です)楽曲はもとより、ボーカルの永原真夏が圧倒的すぎてビビりました。

惜しむらくは途中退出(ホントごめんなさい)。諸用でアンコール叫ばれる中会場を抜けねばならなかったのが悔やまれる所です。きっと素敵なエンディングでライブを締めたことでしょう。とりあえず公式サイトを貼っておきます


はい、こんなかんじでした。これで2500円ならホント安いものです。やっぱライブに行くのはいいもんですね。      

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter