2014/05/09 Yo La Tengo Live @EXシアター六本木 ライブ感想

この前のトータスに続いて今回はヨラテンゴです。いやー今回の旅行は最高でしたね。奇しくも両組とも六本木でのライブでした。ヒルズにも寄ってみました。特になにもしませんでしたが笑

会場の入口。@六本木感ある(ない)
写真
客層は…幅広い。そもそもヨラテンゴってこんな人気だったっけ?って感じで予想の3倍くらいお客さんがいました。こんなに居るんならそろそろ日常でもヨラテンゴファンを見かけていいものなんですが…20代前後位の若者(自分含)~40代くらいの人まで様々。外人さんもチラホラいました。整理番号は980番台、特に急ぐわけでもなく入場。なんとなくテンションが高かったのでビール飲んで待機です。

彼らのライブを見るのは去年のジョインアライブ以来二回目。ジャパンにはもう何回くらい来てるんでしょうね。地味ながらものすごく安定した支持を日本でも得てるみたいです。前年のフジが好評だったみたいなので、そうした感じでファンが増えたりしてるんでしょうか?
写真 (1)
場所はここら辺で。ヨラヨラしながら開演を待ちます…



(以下セットリストなど出てきます。もうネタバレも何もありませんが気になる方は戻るボタン推奨)





終演。


あぁ、俺はやっぱり轟音ロックが好きだ。

それと同時に優しくて静かな美メロ曲も好きだ。

インディーっぽい飾らない熱い演奏が好きだ。

アングラ感ある少しいかれた感じのテンションが好きだ。



というか、ヨラテンゴが大好きだ。

そんな感じのライブでした。


まとめるとこれだけ(そしてそれでもう十分最高)って感じなんですが、どうせなのでセットリストと共に、個人的なハイライトを短めにいくつか日記的に書きたいと思います。
BGMにでも。
セットリストを挙げてくれた方がいたので、2014/5/9 Yo La Tengo LIVE @EXシアター六本木 : ビジオのブログさんを参考にしました。ただコピペするのもあれなんで、復習勉強かねて収録アルバムも検索で調べて載せてみました(褒めて)
太字は古い曲で、赤字は前回のフェス参加時聞けなくて+今回自分が聴けて特にうれしかった曲です(どうでもいい)

SETLIST
Pass The Hatchet, I Think I'm Goodkind   (I am not afraid~)
Paddle Forward   (Fade)
Super Kiwi   (Fade Deluxe Edition)
The Point of It   (Fade)
Little Eyes  (Summer Sun)
Stockholm Syndrome   (I can hear)
Moby Octopad   (I can hear)
If It's True   (Popular Songs)
Cornelia and Jane  (Fade)
Did I Tell You   (Fakebook)
I'll Be Around  (Fade)
Before We Run   (Fade)
Cherry Chapstick   (And then nothing~)
Drug Test  (President Yo La Tengo / Best )
Ohm   (Fade)
I Heard You Looking   (Painful)

Encore:
Season of the Shark  (Summer sun) ←リクエスト
Prisoners of Rock 'n' Roll (Neil Young cover)
Hanky Panky Nohow (John Cale cover)
What Can I Say (NRBQ cover)

Pass The Hatchet, I Think I'm Goodkind
ひたすら反復される強靭ゴリゴリなベースリフの上をギターノイズが暴れまわる怪曲。初っ端からやられた。
Stockholm Syndrome  
Moby Octopad
人気作「I can hear~」から二連続で。どちらも強烈な間奏を持つ曲ですが、その導入がライブならではのダイナミックさでクソ格好良かった。特にMoby Octopadのアバンギャルドな感じ最高だった。
Cherry Chapstick
本編唯一だったかもしれない縦ノリ高速ロックナンバー。お約束感ありましたが流石盛り上がるわぁ
Before we run
ohm
新作から。何が凄いって、30年やってるバンドの新曲が間違いなくちゃんとライブのハイライトになってるんですよ。とんでもないと思います。どちらも広大なナンバーだけに大音量のライブ版が至高。音がスリーピースのスケールじゃなかった。

というかヨラテンゴってワンコード…というか1ベースラインの曲めちゃくちゃ多いんですね。その上で豊かな音像を作り上げてるんだって、そんなことにも気づかされました。ベーシストとしては物足りないかもしれませんね笑

そして…

I Heard You Looking
これですよ。自分の大好きな一曲。特に何が特別ってワケでもないのにどうにもイントロのギターフレーズで泣けてしまうインスト名曲。本編最後ということもあって、ノイズ即興たっぷり10分くらい弾いてくれました。多分「なげぇ…」思った人も多かったでしょう。でも俺はもう、とにかくいつまでも聴いてたかった。いやぁ演ってくれてありがとう。感謝でした。

終演後はアイラとジョージアがサインに応じてくれるという展開に。わりと普通に長蛇の列が出来てて、自分も結構出遅れて並んだんですが、最後までずっとニコニコしながらファンと顔を合わせてて。あぁ本当に良い人たちなんだなぁって思いました。自分はシャツを買ってたのでそれにサインを。
写真 (2)Thank you
余談ですが、この前参加したテレビジョンのTシャツ着ていったら、それにアイラ氏が反応してくれて(テレビジョンは彼のフェイバリットバンドの一つ)「Wow, marquee moon. Nice Choice」なんて言葉をもらえました。クソうれしかったです。はい。ささやかな自慢でした。


ライブの後は音楽好きな皆さんと楽しく飲んだりして…満喫しました。音楽ライブ見に来ただけなのに、こんな色々出会いもあって。いやほんと、ヨラテンゴさん来日ありがとうございましたという感じです。
元気にまた日本来てください。いつでも待ってます。いつでも行きます。

Fade (Deluxe)Fade (Deluxe)
(2013/11/19)
Yo La Tengo

※実物はこんなサイケな色合いではありません。

祈願も込めてまだの方はFADEを買いましょう。そしてできれば誰か僕にデラックスエディションのボーナスディスク贈ってください。以上、ヨラテンゴLIVE感想でした。


Yo La Tengo / FADE(2013)感想
     

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter