Real Estate / Atlas (2014) 感想


アトラスアトラス
(2014/03/26)
リアル・エステート

商品詳細を見る
上半期ベストジャケ。パッケージの質感が又吉。オシャレだしインテリアにも使えそう?

(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Had to Hear  4:51
02. Past Lives  4:33
03. Talking Backwards  3:08
04. April's Song   3:32
05. The Bend  5:12
06. Crime  3:16
07. Primitive  4:15
08. How Might I Live  2:28
09. Horizon  3:11
10. Navigator  3:36

Total length : 38:18

総評・★★★★☆
幻惑のツインギター・バンドアンサンブルに息をのむ 
前作「Days」で高評価を獲得、一躍USインディーの一角として名を挙げたリアル・エステート。今作はそのブレイクに続く3作目となる。高評価は維持したまま(ピッチフォークで8.8など)USチャート順位も35位と順当に上昇、徐々にその存在が広まっているのが伺える所だ。メンバーは以前の3人に加えてドラマーと、元Girlsのマット・コールマンがキーボードとして加わっての5人編成で制作となった。

これは素晴らしい作品だ。とろけるような音の質感に、まどろみ重なり合うツインギターの旨み、一歩引きつつ曲全体を締めるリズム隊。口どけ非常にサッパリながら、実に練られた、スルメな一枚でもある。「クリーンなサウンド」を掲げて録音されたそのサウンドは、Wilcoの「Yankee Hotel Foxtrot」が一つの指標になったようだ(実際録音スタジオはWilcoのもので、プロデューサーも彼らの作品「The whole love」のエンジニアを手掛けた人ということで、聞き比べても面白そう)。とにかく今作の第一の魅力はこの霞がかった、それでいて陰鬱でない、朝もやみたいな音像。あぁ良い。

この音楽性、パッと聴きだと、最近よくある端正で平凡なベッドルームミュージックに聞こえてしまうかもしれない。しかし、コレは立派なスタジオミュージックであり、そこが個人的に最高である。ギターソロをしっかり挟んできたり、全編にちゃんとバンドアンサンブルの妙が仕込まれているのだ。インタビューを見ても、彼らはそもそも相当にロックバンドという形態…特にツインギターを愛して音楽制作しているようだ。「Rather Ripped」あたりのソニックユースが好きな人もイケるんじゃないかな。そのエッセンスを持ちながらこの音なんだからもう悶絶。あぁ気持ち良い。

印象は地味目。確固たるメッセージ性も特にない。だが一曲目の飽きさせない展開といい、少しけだるいボーカルといい、これでもかと自分のストライクを突かれてしまった一枚。バンドミュージックとベッドルームミュージックの心地よさがここに在る。曲順の流れも、まるで短いライブを見ているかのようにスムーズだ。あー堪らんばい(しつこい)

ライブも見てみたいな。きっと素敵だろう。素晴らしい新譜でした。

参考
Real Estate『Atlas』インタビュー | ロック&クラブ・ウェブマガジン:iLOUD
インタビュー記事。「あなたにとって最高のツインギターアンサンブルとは?」に対するバンドの返答が俺得の組み合わせすぎて…このバンドを好きになったのが何となく納得できました。

Real Estate - Atlas | Monchicon!
レビュー記事。「日陰の小道散歩」系のギター・ポップという素晴らしい形容に膝を叩いた。

視聴用の動画はこちら

Crime→Talking Backwards。
Crimeは6拍子が中毒性を高めるリード曲で、バッキングパートがソロに移行する所が堪らない。ギターのタブ譜を乗せるという斬新な公式動画も、彼らのツインギターの魅力が良く分かってナイス。Talking Back wordsはピッチのBest New Track。
     

タグ: 14年 40分台 傑作

コメント

No title

サム様 こんばんは

Crimeのクリップは、初めて見ましたが面白いですね。

この音楽性だと地味目にならざるを得ないのですが、
仰るとおりとても練られていて何度も聴けてしまいます。
自分はツインギターというと、ザクザクのリフがせめぎ合う
ヤツが思い浮かぶのですが
穏やかなリズムギターにはふくよかな残響が宿っていて
これも魅力的ですね。



Re: No title

GAOHEWGII さん こんばんわー

tab譜って面白いですよね、良いアイデアだと思いました

凝ってるけど内容は地味なんですよね苦笑、でもだからこそ長く聴けるというか…
音響も良いアルバムだと思います。落ち着いた休日に味わいたい音楽です

> サム様 こんばんは
>
> Crimeのクリップは、初めて見ましたが面白いですね。
>
> この音楽性だと地味目にならざるを得ないのですが、
> 仰るとおりとても練られていて何度も聴けてしまいます。
> 自分はツインギターというと、ザクザクのリフがせめぎ合う
> ヤツが思い浮かぶのですが
> 穏やかなリズムギターにはふくよかな残響が宿っていて
> これも魅力的ですね。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter