トクマルシューゴを聴こう(Sea and Cakeとの対バン決定ニュースによせて)

こんな嬉しいニュースが飛び込んできました。
トクマルシューゴ、シカゴの至宝・The Sea and Cakeとの対バン決定! | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

「これは!」って感じの組み合わせ。なんたってまず自分はThe Sea and Cakeがこんな特集記事書いちゃうくらい大好きなのです。だからまずはシーアンドケークの来日が嬉しい。
The Sea and Cakeについて オススメアルバム・全フルアルバム感想

しかもトクマルシューゴさんというナイスカップリング…ということで今回は、トクマルさんのLIVEパフォーマンス動画を記事にしたいと思います。去年のもので、割と色んなところで話題になった映像。
彼はブラジル音楽などのワールドミュージックの要素を取り入れつつ、自由な音選びからまさに「ポップミュージック」としか言いようのない独自の音世界を創り上げていくアーティストです。
ともすればデモ曲で終わってしまいそうな、「変な楽器ちょっとつかってみた」的一発ネタであっても、彼はものの見事にそれを素晴らしい楽曲に昇華します。ハイセンス。その無国籍ポップサウンドは世界の音楽ファンの中でも評価が高く、某ピッチフォークなどの批評メディアからも高評価を獲得しています。

その面白さ、魅力がこの映像には凝縮されています。いやぁ楽しそう。様々な楽器飛び交うその演奏難易度は、演奏メンバーがこんなツイートするくらいのもの。


それは無理だ笑。ともかく、演奏風景だけでここまで魅入ってしまうことも中々ないですよ。必見です。


もし彼に興味をもったら、個人的にはEXITから入ってみるのが良いかと思います。

EXITEXIT
(2007/10/19)
トクマルシューゴ

Nice Jacket

多幸感しかない歓喜の名曲「PARACHUTE」他が収録された、彼の代表作の一つです。

オススメ!11月が楽しみです。
     

コメント

No title

サム様 こんばんは

トクマルシューゴのライヴ映像は、仰るとおりおもしろいですね。
耳だけで聴いていると、どんな楽器なのだか分からないという部分も
補完できますし。

邦楽と洋楽のつながりが希薄になる時代に希少な存在だと思います。

Re: No title

GAOHEWGII さん こんにちわー

面白いですよね、音楽って感じがします!

彼は完全に邦楽洋楽の垣根を越えてますね。
しかも日本語詩なのが素晴らしい。凄い才能だと思います

> サム様 こんばんは
>
> トクマルシューゴのライヴ映像は、仰るとおりおもしろいですね。
> 耳だけで聴いていると、どんな楽器なのだか分からないという部分も
> 補完できますし。
>
> 邦楽と洋楽のつながりが希薄になる時代に希少な存在だと思います。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter