THE HORRORS / LUMINOUS (2014) 感想 「もっとやらかしてほしい」

移り気なUKシーンに在って、俺らのやりたいことコレだからとマイロード突き進んでいるホラーズの四作目。三作目の変貌を引き継ぎダンスビートや新しい曲展開も完全にモノにしたものの…?

LuminousLuminous
(2014/05/06)
The Horrors

商品詳細を見る

なにかどっかで見た様なジャケ。黒の装丁は中々カッコ良いです。

トラックリスト
(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
01. Chasing Shadows  6:49
02. First Day of Spring  5:11
03. So Now You Know  5:02
04. In and Out of Sight  5:03
05. Jealous Sun  4:10
06. Falling Star  3:43
07. I See You   7:32
08. Change Your Mind   5:07
09. Mine and Yours   3:31
10. Sleepwalk  5:26

(Bonus Track)
11. Phono (inst)  4:05
12. Nocturne (inst)  3:12

Total length : 51:34

総評・★★★☆
もっと下世話にぶっ放して
ホラーズ。いつもならここに簡単な紹介を置きますが、人気バンドですし今回はwikiさんに任せます。
ザ・ホラーズ - Wikipedia 
多くがそうであるように、自分は2nd「Primary Colours」がキッカケで彼らを知りました。ノイジーなシューゲイザー具合に、ジョイ・デビジョンやら混ぜてぶちかましたその作風にやられた。添えるなんて上品なものじゃない、過剰装飾上等なアレンジから漂う傍若無人感、自信たっぷりなその歌いっぷりUKらしい突き抜けたバンドの創作姿勢がすごくカッコ良かったのです。
Primary ColoursPrimary Colours
(2009/05/05)
Horrors

コレのファンは多いはず。
遡って1stのゴスの入ったポストパンク気味ガレージロックを聴いても、(あまり好きではないものの)その音楽は「突き抜けてた」「やり過ぎていた」。バランス感覚に欠ける。時代のムードを捉える気もない。でも、そんな唯我独尊具合が魅力なバンドだな…と思ったのです。ここで2ndから一曲。



前作はどことなく中途半端だった?
しかし3rd「Skying」で、自分の中のホラーズは一歩後退してしまいました。評価は悪くなく、チャート的にも全英トップ5と順当にキャリアを重ねた作品ですが、自分が聴いて思ったのは、「凄みに欠けてしまった」。ホラーズは一枚一枚に狙いがあり、そこに向けて変化していくカメレオンバンドです。三作目ではスケール感の広がり、不思議な浮遊感や陶酔感を新たに手にしました。しかし個人的には、新境地とは思ったものの前二作より踏み込みは浅く…深化と呼ぶには細部にタルさを感じ…と、2ndの確変に続く期待のハードルを下にくぐられたような感覚を覚えてしまったのです。初セルフプロデュースも絡んでか、Skyingはちょっと中途半端な出来に思えました。

今作は中途半端ではない。…けども
しかし、今作。お見事です。前作にあった中途半端さは綺麗になくなりました。「これがやりたかったんだよ」といわんばかりの力強いビート、そろそろ10年選手だしで風格が漂ってきたアレンジワーク、シンセなどを寄せて構成されたスキのない仕上がり。疑いようなく、「前作を発展させ突き詰めた」といっていい出来栄えです。しかし、今度はこう思ってしまったのです。「無難にまとまりすぎじゃないか」。

化学変化は起こっていない
ホラーズの「やり過ぎてしまう」所に惹かれた自分からすると、今作はどうにもまとまりすぎてて面白くない。いや、曲は悪くないんですが、しっかり枠に収まった楽曲陣は小粒に感じてしまう。「もっと攻めてくれ!」と思わずにいられないのです。別に2ndみたいにノイズ入れろとかいうのでなく、一発で「ヤバい」と思わせるような化学反応や挑戦。自分はそれが今作に見られなくて残念でした。


とはいえ駄作とは思いません。ベストトラックはリードトラックでもあったI see youで、この一曲には自分が今作に感じたホラーズの進化が詰まってます。前半部分の歌いっぷりにはこれまでの妖しさとは違うセクシーさが漂っていますし、後半の高揚感あふれるインストの展開はまさしく彼らがこの路線で成し遂げたかったものでしょう。落ち着いてメロディをじっくり聴かすtr8なども佳曲で、収穫は間違いなくあったと感じられます。


実際サマーソニックでのライブはバンドとしての成長が伺えるパフォーマンスだったようで、経験値は着実に高まっている様子。3rdと今作をセットとして、彼らはまたワンステージ終えたのではないでしょうか。今作での収穫を活かして、今度は豪快に、突き抜けた作品を届けてほしい。次は化学変化起こした名盤を期待したいです。下世話にぶちこんでくれ、ホラーズ!


LuminousLuminous
(2014/05/06)
The Horrors

総評・★★★☆(悪くないがもうひと押し)
国内盤のボートラはどちらもサラッとしたインスト曲なので、輸入盤も選択肢かもです。
     

タグ: 14年 50分台

コメント

No title

サム様 こんばんは

ファン心理の微妙さが伝わってくるレビューですね。
自分は初見ですが確か、YOUTUBE動画で30秒ほど試聴した記憶があります。
まとまり過ぎていると引っ掛かりが無くてスルーしてしまいがちなんですよね。
カメレオン・バンドならなおさら、突き抜けた個性は必要。
最もな意見だと思います。

I see youは洗練されたサイケデリック・サウンドでカッコ良かったです。

Re: No title

GAOHEWGII さん こんにちわ

ホラーズ、2ndまでは極彩色のカメレオンって感じだったんですが、
ここ2作はちょっと擬態気味のカメレオンって感じなので(?)
個人的にはまた不気味、奇抜な感じになって欲しいというファン心理でした。
日本のカメレオンバンドくるりでいうと、「NIKKI」「アンテナ」あたりの感覚でしょうか?

I see youは確かに洗練された感じがありますね!
このスタイリッシュさは今までなかったものなので、やっぱりまだまだ自分は期待してます。


> サム様 こんばんは
>
> ファン心理の微妙さが伝わってくるレビューですね。
> 自分は初見ですが確か、YOUTUBE動画で30秒ほど試聴した記憶があります。
> まとまり過ぎていると引っ掛かりが無くてスルーしてしまいがちなんですよね。
> カメレオン・バンドならなおさら、突き抜けた個性は必要。
> 最もな意見だと思います。
>
> I see youは洗練されたサイケデリック・サウンドでカッコ良かったです。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter