時代に煙をふかしたロックバンド「The Jesus and Mary Chain」の話

<2016年11月21日 全編書き直し>

JesusMary.jpg
画像出典・http://www.tumblr.com/tagged/sidewalking?language=ja_JP
1977年、セックス・ピストルズはそれまでのオールド・ロックンロールをバケツをぶちまけるように塗り替えていった。そして70年代末、アンダーグラウンドに広がっていった「ポスト・パンク」の波紋……サッチャー政権、ライブハウスに溜まっていく暴力、シーンは新しい活気を求めていた。そこにひょっこりと現れたのが彼らだ。

ジーザス&メリーチェイン(以下時々JAMC)。それはピストルズの登場から8年が経過した、1985年のことだった。甘いメロディに金切り音のようなノイズサウンド、ポップス黄金期である50 - 60年代に実った果実に神経毒を注ぎ込んだような世紀末的バブルガム・ポップス、デビューアルバム『Psychocandy』。幾多の暴動と共に巻き上がったセンセーショナルな衝撃は、たった一枚で彼らの名声を決定づけた。同時にそれは、オールドファッションになりかけていた音楽が、メソッドひとつで一瞬に息を吹き返す劇的な瞬間でもあった。その鮮烈な音楽性は、後のシューゲイザー、ノイズ・ポップ、90年代のオルタナティヴ・ロックへ広がっていき、今も大きな影響を与え続けている。
<完>



このバンド、ハイプでは
多分、このバンドについてまじめに書こうとするとこんな感じの紹介文が出来上がって終わる。概ね正しいと思うけれど、この記事では彼らをこんな感じには扱わない。実際、ロックの歴史上でジーザス&メリーチェインほど奇妙な立ち位置に置かれていったバンドはない。ノイズポップの元祖――そこにはヴェルヴェット・アンダーグラウンドがいる。シューゲイザーは――マイ・ブラッディ・バレンタインが金字塔を打ち立ててしまった(そもそもJAMCは甘いメロディとノイズの黄金律の発見こそ重要であれ、音的にはシューゲイザーでなくポストパンクやノイズパンクの亜種だ)。衝撃度――彼らは虚像のように膨れ上がった喧噪にまいってノイズの衣を早々に捨ててしまい、劇的な解散にも至らずひっそり解散し、よくあるパターンのひとつで今は時々再結成して稼いでいる。微妙。とても微妙なのだ。

『Psychocandy』以外で語るには、きっとJAMCはあまりに人間的過ぎた。じゃあ彼らは一作目が偶然革新的だっただけの凡百バンドだったのか?となると、そうは全く思わない。歴史に残るものができて、語り口が決まってしまっても、そこで何かが終わることはない。彼らの歴史には地味ーな続きもあるし、他の名作と呼ばれる作品群に比べてサイコキャンディは明らかにニセモノだし、この兄弟のバンド演奏に対する姿勢はクソ以外の何物でもないし、それと同時にこんなにクールなロックバンドもそうないのだ。そんな彼らの作品群について、ここでは少しずつ、ひとつずつ取り上げていこうと思っている。


メンバー
ジム・リード (ギター・ボーカル) 
ウィリアム・リード (ギター・ボーカル) 

二人は兄弟。この二人が今回の主役だ。

初めて聴くなら
面倒なのはいいから、結局どれが一番なの?という方には、この一枚をオススメする。『Barbed Wire Kisses』、邦題「キスは罠」。初期の編集盤だが、このバンドが「セックス・ピストルズ以来の衝撃」と言われた理由のすべてはこの一枚に集約されている。


でも、もう少し興味をもってもらえるなら、ディスコグラフィを眺めて、2、3枚アルバムを手に取ってみてほしい。テンプレートなキャッチコピーに落とし込まれる前のJAMCをどうぞ。

ディスコグラフィ(抜粋)
Psychocandy (1985) ★★★★
異常なノイズとポップメロディを混ぜ合わせてしまった、有名な名(迷?)盤。何はともあれジザメリといえば今作。
Darklands (1987) ★★★★★ 
限界状態から何とか作り上げた美しいアルバム。グッドソングの宝庫で、最高傑作説あり。
Automatic (1989) ★★★☆ 
自信をつけてしまい、半ば開き直ってワイルドにマンチェスター決めたりした転換作。
Honey's Dead (1992) ★★★★ 
ついにノイズを自己表現にまで高めた彼らの到達作。人気も高く、「Sundown」はこのバンドのベストトラックだと自分は思う。

Stoned & Dethroned (1994) ★★★
一気に素朴、アコースティックになった一作。悪くはないが曲数が多過ぎて非常にダレる。
Munki (1998) ★★★★
解散作。駄作ではないものの、安定というより停滞というような平凡な作……(14年時)と思っていたが、今の宅録インディロック勢を見ていると一つの理想形を体現している気もする。The Jesus and Mary Chainは結局、引きこもりで、社会になじむ気がなくて、無気力で……犯罪に興味のないアウトサイダーは、滅茶苦茶だけど、だから最高に歪な形のロックンロール・スターだったのだ。時代にタバコをふかしたクールなギターロック。
     

タグ: アーティスト紹介記事

コメント

是非

アルバム紹介の続きをお願いします。とつても素晴らしいです。

Re: 是非

オゼヒロ さん、コメントありがとうございます。

嬉しい言葉です!ありがとうございます。
すぐには更新できなさそうですが、
どこかのタイミングで全アルバム感想記事でも書きたいと思います。
またいつか当ブログにいらして頂けたら幸いです…。

> アルバム紹介の続きをお願いします。とつても素晴らしいです。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter