音楽ファンは交流の場さえあれば視聴だけじゃなく購入を選び出す(かも)

久々に自分が考えていることをまとめるための記事です。解決策が示されたりはしないのでご了承下さい。

http://galaxie500.bandcamp.com/album/on-fire
まずはこの記事を読む際、これをBGMにしてくれれば幸いです。再生ボタン一度押すだけでいいです。公式です。素晴らしい音楽ですよ。
では。

41vZ9w5ZmwL.jpg

元ギャラクシー500のドラマーによる、音楽ストリーミングに関する記事
http://t.co/Gnln8USxF7
とあるミュージシャンがPandoraやSpotifyなどのストリーミングサービスについて発言しています。話はこれらのサービスが実際どれ位お金をミュージシャンに与えているのかから始まり、何となくトムヨーク的な帰結を経て、嬉しいニュースで終わります。

以下部分引用。

例えばギャラクシー500の曲『タグボート』はこの時期にPandoraで7800回ほど再生され、各人7セントの印税を受け取った

Spotifyはもっと支払いが良いよ:こっちでは『タグボート』が5960回再生されて、各人35セントという3ケタの印税になったのだから。

これを別の観点から考えてみよう:僕の計算によるとPandoraで31万2000回の再生がされれば、LPレコード1枚——1枚だよ——の利益と同額になる(Spotifyでは4万7680回がLPレコード1枚分)

あるいは歴史的な観点から考えてみよう:ギャラクシー500の初のリリースである『タグボート』の7インチシングルは、1枚あたり少なくとも2~3ドルの利益を得ることは容易だった。つまり7インチシングルを1枚売るだけで、PandoraやSpotifyで1万3760回再生されるよりも多くの利益を得ることができた。

別の見方をすれば、1988年に1000枚のシングルを製作することは、2012年にその曲が1300万再生されるよりも多くの収益を僕らにもたらせることになる(新人バンドにとってはインターネットこそが収入源だと、人は言うけれど…)。



要点を抜き出します。勿論時代背景は違いますが、
自主制作で7インチシングル1枚売るだけで、PandoraやSpotify1万3760再生分の利益を得られた。

2012年に1300万再生を果たすより、1988年に自主制作シングル1000枚売った方が儲かった。

うーんやっぱりストリーミングサービスは利益率が低い。ここから話を繋ぐならこの記事です。
Spotifyは『CDの代わり』じゃない。『集客エンジン』だ。 | マナスタ!


そうした問題を一度ヨコに置いて、ここから自分の話を始めます。

話題は少し変わるんですが、音楽業界の不況が騒がれる中で、「曲では稼げない」「ミュージシャンはライブで稼げ」「グッズや音源以外のその他収入で稼げ」みたいな意見が多くなりました。これ、自分としてはやっぱりおかしいと思います。
  

…続きを読む

     

想像力を刺激するBGMという音楽~ゲーム編~

バックグラウンドミュージック(BGM)は普段あまり注目されない音楽ですが、これほど面白い音楽はありません。一般的な音楽というとポップスやロックだと思いますが、これらの音楽は前者なら心地よい刺激を、後者なら自分の伝えたい事を音に乗せるのが基本です。両者はまず音があり、そこに何かを乗せるという点で同じものだと言えるでしょう。
 
BGMは少し違います。ここにはまず指定された「雰囲気」という名の曖昧なイメージだけがあり、それを音にするのです。「雰囲気を音にする」、つまり「空気を作曲する」と言ってもいいかもしれません。ポップスなどより、もっと漠然とした、人間の頭の中にある想像力の部分に訴える音楽と言えるのではないでしょうか。
では実際に、個人的な懐古も合わせていくつかゲーム音楽を聴いてみましょう。

…続きを読む

     

楽曲の供給に対する人手不足と、音楽ファンがすべきたった一つのこと

この記事で書く事は何かしら音楽産業が良くなってほしいなと思っている音楽ファンの方は誰もが考えている事だと思いますが、自分の中でその思いを整理する為に書きました。大した結論でもないので、忙しい方に時間をとらせないために先に結論をおいておくと、「サービスがどうたら、マーケティングがどうたら言う前に、現状は何より先にまず音楽ファンの総数がたりてないから音楽ファンを増やそう」ということです。では以下。


051-004.jpg
昔は見えなかった、そして届かなかった音楽にも手が届くようになった時代

今、世の中にはまさしく星の数程の楽曲が存在し、またそれらの殆どが少し手を伸ばせば届く距離に置かれています。誰でも簡単に音楽を制作、発表できる環境が整えられそこらのバンドでも(一応は)世界に向けて曲を発信できる。そうした環境が整う以前の音楽の世界と今を比べて例えると、RPGで地上しか歩けなかった主人公が、船や飛行船を手にいれ縦横無尽に駆け巡れるようになった感じです。マップ(音楽の世界)自体進行形で拡大しているので、そこを巡るというのは、もうある意味宇宙旅行のようなものかもしれません。膨大に生み出される情報によって、この世界は日夜広がっています。 

…続きを読む

     

J-POPが幸せそうな恋愛ソングでまみれる理由

もう何年位前からになるか、現在進行形で「最近のJ-POPつまらなくね」みたいな意見はネットでよく見かける。中でも良く取り上げられるのは「会いたい」「会えない」「抱きしめたい」「愛してる」「明日へ向かって」「どこまでも飛んでいける」、後は「マジ感謝」みたいな、使い古されたフレーズの連呼だ。
j-pop.jpg
J-POPは死んだのか
音楽好きであればある程この傾向に対して抵抗感と怒りを覚え、「そんなんだから売れねぇんだよ!」と言いたくなるとは思うが、なんでここまで最近の曲は(思考停止的なほど)希望に充ちてるのだろうか。
「売れ線だから」か。「手抜きできるから」か。「とりあえずそれっぽくなるから」か。はたまた「それが時代のムード」なのか?いや、どれも正しそうだがもう少し踏み込んで考えてみよう。 
 

…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter