The Jesus and Mary Chain / Darklands (1987) 感想 -プライベートな名盤

(2016/11/27 書き直し)

ダークランズダークランズ
(2007/05/23)
ジーザス&メリー・チェイン

商品詳細を見る

ファーストに引き続いてよく内容を表している。どこか孤立していて、おぼろげ、繊細な……。

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック
トラックリスト
01. Darklands – 5:29 
02. Deep One Perfect Morning – 2:43
03. Happy When It Rains – 3:36
04. Down on Me – 2:36
05. Nine Million Rainy Days – 4:29
06. April Skies – 4:00
07. Fall – 2:28
08. Cherry Came Too – 3:06
09. On the Wall – 5:05
10. About You – 2:33

Total length : 35:51

絶望から始めよう
あのロック史に名を残した、喧噪の大ヒット作『Psychocandy』に寄せて――。彼らは疲労しきっていた。確かに作品は売れた。生活は一変した。だがそこにあったものは、彼らの性分とはまるっきり反対のものだった。不敵な笑みをもって騒ぎを煽っていたころの面影はなく、彼らは今作の前にこんな発言をイギリスの音楽誌に寄せている。

「することといえば、家の中に閉じこもって、たまに誰かに電話してはどうやって自殺しようかなどと落ち込んだ会話をするばかり。ツアーでいろんな所にいっても、彼の眼にはホテルが変わったこととTVセットの違いくらいしか映らない。」
――NME紙より


彼らは恋人と共に世間から逃げ、ひたすら時がすぎていくのをただ待っていた。そうしたどん底の中からなんとか発売にこぎ着けたのが、今作ダークランズである。

…続きを読む

     

タグ: 80s 30分台 傑作 まとまり

The Jesus and Mary Chain / Psychocandy (1985) 感想 ―不真面目な奇跡

(2016/11/25 書き直し)

サイコ・キャンディサイコ・キャンディ
(1997/07/25)
ジーザス&メリー・チェイン

商品詳細を見る

割かし有名なジャケ。漂うカルト感、屈折した雰囲気がこのバンドらしさを良く出している。

太字(良い)>黒 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
01. Just Like Honey 3:03
02. The Living End 2:16
03. Taste the Floor 2:56
04. The Hardest Walk 2:40
05. Cut Dead 2:47
06. In a Hole 3:02
07. Taste of Cindy 1:42
08. Never Understand 2:57
09. Inside Me 3:09
10. Sowing Seeds 2:50
11. My Little Underground 2:31
12. You Trip Me Up 2:26
13. Something's Wrong 4:01
14. It's So Hard 2:37

Total length : 38:55

不敬で不敵な虚無の騒音
説明不要の有名作。80年代の名盤といえば…といった見出しには必ず出てくるし、一般的にもジザメリと言えばコレと言う一枚だ。これが一体どんな代物になったかある程度まじめに書いたものは、紹介記事の冒頭を読んでもらえればと思うが、折に触れたように当ブログではこれを名盤扱いはしない。実際、一部のシュゲイザー過激派からは「マイブラの前座」なんて言われる始末だ。何故だろうか?

まずこのアルバムの音楽性から見てみよう。曲はアップかミディアムテンポかの違いはあるにせよ大体全部一緒だ。古典的なコード進行から繰り出される甘めのメロディライン+耳をつんざくようなフィードバックノイズ以上。14曲も収録されているが、7曲目あたりで全ての楽曲パターンは露呈する(後半は清々しいほどのネタ切れ感を聴かせる)。「ポップなメロディとノイズの共存」との評も、単に並走しているだけでどう考えても溶け合ってない。中でもドラムとベースのやる気のなさは異常で、怒られない程度適当に働くコンビニ店員程の仕事しかしていない。

それなのに、一体全体何でこのアルバムに未だ一部の人(そこには自分も含まれる)を惹きつけられるのか。

…続きを読む

     

タグ: 80s 30分台 有名作 秀作 デビュー・アルバム

プロフィール

サム

Author:サム
旧「一人音楽座談会」。
音楽に限らず、作品やアーティストに対する検索結果がもっと充実したらという気持ちで更新しています。「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。
背景はBOCの「Tomorrow's harvest」。Twitterは↓。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter