Diary #FUJI ROCK FESTIVAL'16 7/23(Saturday) 感想

フジロック2016に参加してきました。見てきたものの感想やらを日記としてこのブログに置いておきたいと思います。この日はThe Album Leaf、Con Brio、Wilco、Beck、Squarepusherと見ました。では雑談を踏まえながら。



2014年の前回は北海道は札幌からの参加でした。船で18時間かけて新潟港まで向かったのをよく覚えています。うまく寝れなくて結局夜にダウン、寒さで死にかけたやつですね。交通費のまとめとか更新したりしてました。
FUJI ROCK FESTIVAL'14 7/27(SUNDAY) 感想①:WITHOUT SOUNDS
北海道からフジロックに行くための交通費はどれ位?
で、今回はところかわって茨城は水戸からの参加です。海を越える必要がないので、行き方は「水戸→上野→(新幹線)越後湯沢」と超シンプル。水戸―上野において特急を使うかによって、片道7000~9800円、3時間~4時間てところですね。ハードルが低いとは言えませんが、札幌にいたときよりグッと身近な存在になりました。当日は朝8時に起床、12時半ごろにはもう越後湯沢に到着。やっぱ船旅はなかったな…と心から実感しました。

前回も思いましたが、越後湯沢駅に着いての景観――ハイキングに行くようなリュックにバンドTシャツという独特のスタイルの人たちが日本人外国人関係なく一堂に会している、何だか皆がワクワクソワソワしている空間――とか見ると、「おぉ~来たなぁ」と盛り上がります。まずはロッジに荷物を預け、フシギソウをゲットし、殺人的な太陽にさらされつつシャトルバスに乗り込み。14時ごろに着きました。このゲートをくぐるあたりからレッドマーキーの音漏れが聞こえてくるのが一番アガる時かも。
ファイル 2016-08-02 1 56 35-min(この写真力の低さよ)
以下みたもの。


…続きを読む

     

FUJI ROCK 2016で見たKamasi Washingtonが最高だった 感想

フジロック2016に行ってきました。そこで見たライブの所感はこれからゆっくり記事にしてしていこうと思うのですが、何よりまず、最終日Field of Heavenステージのトリを務めたKamasi Washington。タイトル通り最終的には「最高だった」で終わりなのですが、もう少し踏み込んで、一体どんなライブだったのか、書き残しておきたいと思います。

記事の内容
・カマシ・ワシントンと「THE EPIC」について
・ライブの全容
・演奏メンバーについて
・バンドとしてのハイライト



当日の模様に入る前に、まずは簡単に紹介を。カマシ・ワシントンについては、WIREDのインタビュー記事をどうぞ。
ケンドリック・ラマーもFly-LoもSnoopも絶賛! カマシ・ワシントンと甦るウェストコーストの黒いジャズ|WIRED.jp

彼が2015年に初のバンドリーダー作として発表したのが、3枚組(!)という超大作『The Epic』。そのボリュームともさることながら、「宇宙的」とも形容された交響曲スケールのサウンド、ブレイクビーツ的アイデアも見せる強烈なツインドラムス、それに圧されない各ソロパートのスリリングな駆け引き……加えてクラシカルなボーカル曲(これがまた抜群)を含む自由な構成、何よりカマシ自身の天を衝くようなテナー・サックスフォン。トータル173分という時間に尋常でない熱量とソウルを込めたアルバムでした。下のブログ記事も面白かったです。1970年代から始まり、MM誌の引用でドラムンベースやJ・ディラ、ケンドリック・ラマーまで登場していくこのスペクタクルよ……。音楽の醍醐味ですね。
しろくま通信: カマシ・ワシントンの続き(その5:これでおしまい)

ともかく、普段ジャズにほとんど関心を示さない(特に新譜情報なんてほぼ気にしない)自分のようなロック寄りリスナーにも、音楽メディア、Twitterなどからその存在感は伝わってきた。そうして軽い気持ちから今年手に取り再生した一曲目の「Change of the Guard」、飲み込まれるようなその演奏に打ちのめされ。そこに決まったフジロックへの出演、「これは絶対見なければ」と、思い入れ深いレッチリのライブ序盤を捨て、ヘブンステージに向かったのでした。

…続きを読む

     

タグ: 16年

2015年参加ライブ感想リスト

記事化したものしてないもの、ブログ始める前のもの、感想と日記、健忘録として残しておきます。今回は2015年度。
最近→過去へ。

< List >
BATTLES (11/25)
週末ダイナー水戸vol2 (11/22)
Sam Prekop with Archer Prewitt JAPAN TOUR (10/7)
Mr. Children「未完」ツアー (9/5)
Summer Sonic2015 - D'angelo - (8/15-16) ←記事有
TOKYO BOOTLEG CIRCUIT' 15 (7/11)
吉田ヨウヘイgroup/ Not Wonk / SaToA (6/24)  ←記事有
CRAFTROCK FESTIVAL 15 (5/30)
Hostess Club Weekender (2/21-22) ←記事有
Mineral Japan Tour 2015 ミネラルについてとライブ感想 (2/20) ←記事有

…続きを読む

     

D'angeloのLIVEについて振り返る(SUMMER SONIC 2015 感想)

もう2週間も前のことになってしまったが、先日サマーソニック2015に参加してきた。深夜ホステス、そのまま日曜日のサマソニという濃密な一日。色んなアーティストを見たが(今回、ついに自分の音楽ライフにとって最も大きい存在であるRadiohead、そのトム・ヨークを見ることが出来ました…)、その中でも、D'angelo、D、ディアンジェロ(この3通りの呼び名を使います)。彼のライブパフォーマンスに圧倒されすぎて、言葉なんて余裕で失うくらい感動してしまったのだけど、少しは落ち着いてきた今、なんとかあの時の感動を少しでも文にして綴り残しておこうと思い、感想を書おうと思う。長いので飛ばし読み用に目次をおきます。

<目次>
D'angeloとは~公式初来日に至るまで
LIVE感想~継承者として
セットリストと曲感想~表現者として
ライブアルバム紹介~終わりに


…続きを読む

     
プロフィール

サム

Author:サム
旧一人音楽座談会。
「もう一回聴いてみよう」「こんなのもあるのか」が好きで、「これだけ聴けばいい」が嫌い。普段はTwitter↓にいます。

カテゴリ
Twitter
リンク
クリックで展開
NewCcounter